ショパン展

‪兵庫県立美術館のショパン展に行ってきました。
空いていたのでじっくりゆっくり観て回れたし、とても楽しかったです。‬

‪ツッコミどころとしては、‬

‪・『AC/DC聴きながら描いたショパンの肖像』が完全に落書きだし、
つーかその情報いる?‬w

‪・居酒屋『有り金すべて』‬(←)

‪・音声ガイドに流れる曲を含む、館内数カ所で流れるBGM同士が混ざって聞こえて、
耳が気持ち悪い‬・・・( ;´Д`)

Photo

でも、‪直筆の楽譜にはやっぱりぐっとくるものがあった。‬

‪200年前の音楽情報が残ってるなんて本当に素晴らしい。‬

‪もともと絵画的・視覚的に美しいと感じるくらい楽譜を眺めるのが好きなので、
直筆楽譜だったり、日本の明治の古い印刷楽譜だったりは、特にぐっときちゃうなあ。

解読できない乱雑な楽譜を書く作曲家もいるなか、
ショパンは綺麗に書き込んでくれているほうだなあと思ったけど、
ちゃんと印刷して後世に残してくれた出版社もっと万歳!と思った。‬

‪あと、ショパン国際コンクールの展示あたり、印象的な中村紘子さんの言葉。‬
‪「ショパンが弾けたらバッハは弾ける。が、その逆は無い」(意訳)‬

‪あたしはバッハがとても苦手だったけど、ショパンもたいして通らなかった。‬

‪‪大人になるにつれ、‬‪音楽を好きになるにつれ、‬
‪自分はクラシックピアノの、実は「まだまだ初歩」で終わってしまっていたのだなあと痛感する。‬
‪まったく残念なことをしたなあ。‬。。

もし今からでもまた「音楽の習い事(お稽古)」に通うなら、ボイトレよりギターより、ピアノを選びたいなと思ったりするけど、
あたしのピアノの師匠はもう何年も前に引退してしまった。
今なら話せることや、聞きたいこと、いっぱいあるのになあと思う。

音楽を知るほどに自分の技量の無さを嘆いてしまうような逃げを、
正面から向き合っては何時間も没頭して弾いたり、
逆に放り投げて埃をかぶせてしまうような、そんな極端な繰り返しの日々に、
自分の本当に足りないところを知らされるのだ。

だけど、
YESかNOを選べと詰問されたら間違いなく「手離したくない」と叫ぶであろう、自分のルーツを作ってくれたピアノだ。

あたしの頭の中だけに鳴っていたものを、音楽にしてくれるから。

また練習してみようと思う。

200年前にも奏でられた音楽を、曲がりなりにも弾き継ぐことができるなんて、
音楽人生の喜びそのものだなと思う。

ショパンの夢が何であったかなんて知る由もないが、

自分の音楽が愛されること、

誰かがその魂を受け継いでくれること、

それはきっと、

200年前でも嬉しかったと思うから。

いろいろ書き残しておきたいことがたくさんあるのに、
とにかくインプットとアウトプットが多すぎる東京滞在だったので、
何が何だか言葉がまとまらない思考回路になっております。

ただただ、音楽漬けで幸せだった。

東京恋しい。

Untitled

不惑。

誕生日おめでとう、あたし。

「良い年の重ね方をしてるね」と、言ってもらえて嬉しいような言葉を体現できるように、
ある面では若者の青春を、
ある面では壮年の不惑を、
鏡に反射させながら、生きて行きたいなと思います。

長い間、自分で壁を作って閉じこもり、自分で生きにくくしてきたのかもしれない。
自由に生きていいのにね。
自分で生きにくくしてる「贅沢さ」に少し気づく、誕生日。

お母さん、産んでくれてありがとう。

日々是精進しつつ、これからも面白おかしく生きていきます。

今後ともよろしくお願いします。

誕生日おめでとう、あたし。 「良い年の重ね方をしてるね」と、言ってもらえて嬉しいような言葉を体現できるように、 ある面では若者の青春を、 ある面では壮年の不惑を、 鏡に反射させながら、生きて行きたいなと思います。 長い間、自分で壁を作って閉じこもり、自分で生きにくくしてきたのかもしれない。 自由に生きていいのにね。 自分で生きにくくしてる「贅沢さ」に少し気づく、誕生日。 お母さん、産んでくれてありがとう。 日々是精進しつつ、これからも面白おかしく生きていきます。 今後ともよろしくお願いします。

ラジオ『DJ NOBBY’S TOKYO LIVE!!』に出演!新曲最速オンエア!

DJ NOBBYさんのラジオ番組『DJ NOBBY’S TOKYO LIVE!!』に出演します!
「初めまして」から「今のCheri*」までを、1時間たっぷりとトークさせていただきました!
しかも制作中の新作アルバムの中から、新曲を!!いち早く!!お届けすることになりました!!!
まだ一度もライブで演奏していない楽曲です。
ぜひぜひお聴きください!!!

『DJ NOBBY’S TOKYO LIVE!!』
オンエア期間:2019/8/19〜8/25
全国各地のコミュニティFM、米国ハワイ州全域でオンエア(地域により異なります)
各地のオンエアスケジュールの詳細は下記でご確認ください!
http://e-nobby.com/onair.html

その後、公式サイトのダウンロード配信にて、無料でお聴きいただけます!
http://e-nobby.com
(配信期間は2019年8月26日から1年間)

tit

■主な関西圏のオンエアー
・兵庫 西宮さくらFM / 加古川BAN-BANラジオ / 三木エフエムみっきぃ
・京都 福知山FM丹波
・奈良 生駒FMハイホー
・三重 いなべエフエム
・滋賀 えふえむ草津
■主な関東圏のオンエアー
・神奈川 みやがせレイクサイドFM
・千葉 Radio NARITA / ふくろうFM
・茨木 FMだいご

(8/26〜以降、公式サイトのダウンロード配信なら全国どこでもお聴きいただけます!)

ご当地コーラ

高知のひろめ市場の前でこんな自販機を見つけた。

ご当地コーラ、地域限定、おへんろデザイン。
お遍路は高知だけじゃないから、四国限定なのかな?

Untitled

Untitled

そしたら後日、神戸でこんなのを見つけた。
甲子園コーラ!

Untitled

いろいろあるんですね(笑)

『ほたる涼み』

探しに行ったこの日は少し肌寒くて、蛍がとても少なかったのですが、
1匹だけとても近くで観察することができてほのぼのしました。

ぼうっと光るその明滅に小さな命の瞬き。

蒸し暑い夜に、少しでも「涼」を感じてもらえたら。

『ほたる涼み』

Kiss FM収録してきました!

SNSやメルマガでお知らせした通り、Kiss FM収録してきました!
皆さん、たくさんのメッセージとリクエスト、ありがとうございました!!
当日、スタジオに行くのが楽しみで仕方ありませんでした。
メッセージが届いているかドキドキしながら、読むのを楽しみにしていました。
スタジオの雰囲気もめっちゃ懐かしかった!
そしてターザン山下さんに久しぶりに会えた!
久しぶりのラジオ楽しかったです!!

30分番組のうち、ゲストコーナーは三分の一ほど。
ぜーんぜん!まだまだ!話し足りなさ過ぎた!!!
マンツーマンならまだしも、3人でしゃべるってけっこう大変なんだなって思いました(笑)

時間の都合でリクエストにお応えできなかったものばかり。
今後の活動で必ずお返ししていきたいと心の底から思いました。
本当にありがとう。

伝えたいことがいっぱいだったのに話せなかった分も、
これからの活動で必ず発信していきたいです。

一瞬のように感じた、あっという間の収録。
とにもかくにも放送は6/30(日)20:30〜です!
ぜひご笑納ください!(笑)

=Asking Life=けんたろう!びっくりま~くさん、
ひづきようこさん、
どうもありがとうございました!!!

Untitled

radikoというアプリでタイムフリー再生すると、
後日お好きな時間にお聴きいただくことができます。(放送後より1週間以内)
また、月額350円のプレミアム会員登録をすると、
エリアフリーで神戸以外からも放送をお聴きいただくことが可能です!

SSB

Kiss FM KOBE 89.9MHz
【SUNDAY SOUND BANQUET】
毎週 日曜 20:30~21:00
(番組紹介)
声で空間を彩るうたうたい♪“ひづきようこ”、
音楽街道邁進中の唄う六弦 【けんたろう!びっくりま~く】こと“アスキングライフ”の二人がお届けする
日曜夜のミュージック・プログラム。
神戸を拠点に活動する二人が音楽とトーク、たまにゲストを迎えながらお送りします。
(番組ホームページ)
https://www.kiss-fm.co.jp/sunday_sound_banquet/

皆さん、たくさんのメッセージとリクエスト、ありがとうございました!! 久しぶりのラジオ楽しかったです。 放送は6/30(日)20:30〜です! 時間の関係でリクエストにお応えできなかった分は、今後の活動で必ずお返ししていきたいと心の底から思いました。本当にありがとう。 まだまだ話し足りなかった分も、これからの活動で必ず発信していきたいです。

分室はおもちゃ箱(いや、宝箱)

ゴールデンウィークにお世話になった高知ブログの後記となります。
高知の最終日は、やっぱり一度は足を運んでおきたいひろめ市場へ。
やっぱりこれを食べないと!

Photo

かつおのたたきと、塩たたき。
肉厚すぎて美味すぎて、もう他のたたきを食べられない。
考えてみれば、ほんとに高知以外で食べてないかもしれない。

分室(大野さんの秘密基地)に戻ると、こんなものを見せてくれた。

オーディオマニアなら必ず知っている長岡鉄男さん。
日本のオーディオルーム、ホームシアターのパイオニア的存在の、オーディオ評論家。
その長岡鉄男氏は生前、自宅に「方舟(はこぶね)」と称する建物に究極のホームシアタールームを作っていた。
そこで使われていたスピーカーが「ネッシーⅡ」で、
そのネッシーⅡが、なんと、いま、高知の大野さん宅にある分室にある。
というわけで、オーディオ雑誌に大野さんが載っているのです!

Photo

この写真の上部に写っている「スピーカー工作」の本は、昭和55年発行の書籍。
中はこんな感じ。
スピーカーの設計図が載ってます。

Photo

Photo

こうして自作されたD-5が分室にも、この通り。

Photo

大野さんはオーディオマニアだから、こんなCDまで持っている。
何気に値段が3枚組15,000円のCD。

Photo

訪れるたびに、こうした大野さんの多趣味さ(物好きっぷり)を知ることになるけれど、
前回と今回で分かったのは、大野さんというひとは植村直己と長岡鉄男に、多大な影響を受けたひとなんだなあということ。
大野さんを語るのに、このお二人の名前は欠かせない、という感じ。

さて、帰りのバスの時間まで、あと2時間弱、
その分室の奥にあるシアタールームにて、何かライブDVDでも観るか、ということになり、
雑誌にも特集されたスピーカー「ネッシーⅡ」で、
eastern youthの昔のライブDVDを観てました(笑)
きゃーーーー、大迫力!!!大音量だよーーーーー!!
とりあえず、やっぱりこのDVD欲しいなと思って、ついAmazonでポチってしまいました(笑)

Photo

Photo

Photo

本当はあと2日、だらだらと滞在させてもらう予定だったのですが、
先日祖母を見送ったばかりという家庭の状況もあって、
さくっと帰らせていただくことになりました。

はりまや橋近くにて。

土佐の高知のはりまや橋で
坊さんかんざし買うを見た
ハーヨサコイヨサコイ

次は7月に高知来ます!
リベルテにて、たっぷり唄わせていただきます!
共演は有田准子さん。
めちゃくちゃ素敵なピアノインストの方です。
そして朗読で、あんさんぶる♪たんぽぽの古川さんも参加してくださいます。
すでに今から楽しみですー!

★2019/07/14(日)高知 音楽茶房リベルテ★
出演:Cheri* / 有田准子(ピアノ・インストゥルメンタル) / 古川佳代子(朗読)
Open 18:00 / Start 18:30
Charge ¥2,000
高知県高知市本町1丁目5-24(内田文昌堂の南)
TEL:090-7620-6505(大野)
Mail:liberte4080@yahoo.co.jp
http://wwwb.pikara.ne.jp/liberte/

音楽の汽水域

かるぽーと小ホール『あんさんぶる♪たんぽぽ、20周年コンサート』行ってきました!!

整理券の1番はCheri*がもらっちゃいました。

Photo

Photo

プログラムを見ると、休憩を2回はさみつつ、三部構成のステージ、
アンコールを入れて29曲というセットリストでした。
そもそも暗譜するのが大変だし、セットリストを頭に入れるのも大変だし、
休憩をはさむと言えど、衣装替えがあってほとんど休んでいないだろうし、
ステージ上では水を飲んだりするわけでもなく、
いやあ、ボリューム満点で、ほんとパワフルですごいなあと思いました。
これ、ほんとCheri*ではできないことです!

第一部のステージでは、MC代わりの寸劇を交えながら、
「ゴールデンウィークに旅行するなら、歌で世界各国を旅しちゃおう!」というテーマで、
いろんな国の、いろんな曲を披露。
ソロ歌唱も素晴らしかったです。

第二部のステージは、「子どもたちに伝えたい曲・歌い継ぎたい曲」というテーマでした。
そしてCheri*が制作した楽曲は、二部のラストに!

Photo

司会のかたが、簡単にCheri*とこの楽曲の経緯を説明してくださって、
「この曲が合唱で聴けるのは、今のところ、ここだけです」というアナウンスとともに、
『ルナ』と『kisuiiki』を女声合唱で聴けました。

めちゃくちゃ素晴らしかったです!!
感動してうるうるしました!!!
「いま自分は夢を叶えていただいてる」という瞬間に居られました。
これは、ミュージシャンとして誰でも経験できることじゃない、ほんまに貴重な体験やと思います。
ありがとうございます!!

高知にて、あんさんぶる♪たんぽぽさんの20周年コンサート観てきました!

第三部ではたんぽぽさんが今までに歌ってきた曲の中から選曲されていて、
これからも前を向いて生きて行こう、というメッセージが込められた内容でした。
ラストはミュージカル・アニーの主題歌でもある「トゥモロー」でした。
そしてアンコールは「上を向いて歩こう」を会場の皆さんと大合唱。
配られたパンフレットの中に、ちゃんと歌詞がはさみ込んであって、
たんぽぽのメンバーさんがステージから降りてきて、客席の中へ混ざりながら、一緒に。

お客さんが自然とみんな声を合わせて一緒に歌っている光景の中にいて、
音楽ってすごいなあ、素晴らしいなあって、
「今みんなが一つになってる」って、なんだかそれだけで嬉しくて涙がこみ上げてくる。
これも、あたしの思い描く「音楽の汽水域」の形だ、と。

Photo

あんさんぶる♪たんぽぽの皆さん、本当に楽しかったです!!
お疲れ様でした!ありがとうございました!!

Photo

Photo

メンバーの皆さんが揃う打ち上げは後日、とのこと。
一部の方と、そのご家族と、柳井先生と、ご飯を食べに行きました。

Photo

打ち上げの席では、柳井卓先生と久しぶりにお話できて嬉しかったです。
「年寄りには長時間公演はキツイ」なんてボヤきながらも、
「でも20周年だからそれで良い」ってちゃんと認めてくださっていたり、
Cheri*の『kisuiiki』の編曲に関しても、
「僕は若い人のポップスはわからないから、あんなシンプルな合唱アレンジしかできなかった」と言いながらも、
「でもこの曲は言葉がすごく良いから、それが伝わるように、それを殺さないように、シンプルに作った」とも言ってくださって、
(あたしはめっちゃ褒めてもらってる!と勝手に解釈しながら)
柳井先生の懐の大きさに甘えさせてもらいつつ、終始和やかに談笑しながら夜が更けていきました。

柳井先生も何度かおっしゃっていたのですが、20年という時間をかけて築き上げられた「あんさんぶる♪たんぽぽ」。
ピアノ伴奏や指揮者が今の先生になってから、長らく同じメンバーで続いているからこそ、
歌唱力の上等さだけではなく、寸劇も含めてときにユーモラスに、自分たちが楽しんでいる姿そのものが、
抜群のチームワークになって、それがハーモニーになって、アンサンブルになって、
全部ひっくるめて、あんさんぶる♪たんぽぽの音楽になっているんだなあと感じました。
あらためて、素敵なグループだなあと思いました。

本当はもっともっと歌える曲・歌いたい曲はたくさんあったはず。
「削って削って、頑張って考えたんですけど、このボリュームに(笑)」と笑っていらっしゃいましたが、
そんな中で、Cheri*の曲を2曲も!演奏してくださったこと、恐縮しきりです。

皆さんがとても丁寧にこの曲を歌ってくださっていたことや、
終わってからメンバー皆さんがそれぞれ、
「この曲を歌わせてくださってありがとうございます」
「kisuiikiは原曲も本当に素敵で大好きなんです」
などなど、わざわざCheri*にも挨拶しに来てくださって、
何もかもが、私にとって「肯定感」を与えてくれました。

ともすれば「どうせあたしなんて」とばかり卑下してしまう自分は、
「この曲を作った人間として恥じない生き方をしたい」と思わせてもらえることは、
ものすごく有難いことだと思います。
『ルナ』は「自分のためじゃなく聴いてくださる方のために唄いたい」と思えた曲で、
今でも唄うときは必ず「誰かのために唄う」と決めている曲だし、
『kisuiiki』は、これを作ることができたとき、「普遍性のある名曲だ!」と本気で思ったし、
でも「きっとすぐには伝わらないだろうから、今から何十年もかけて育てていく」と決めた曲です。
そんな2曲を、偶然か必然か、作ることができて幸せだし、
自分ではない他の誰かが楽曲を大切にしてくださっていることは、音楽冥利に尽きます。
しかも、柳井先生や大野さんや、たんぽぽメンバーさんの多くが、
自分より人生を重ねた先輩と呼べる方たちで、
そんなふうに年齢幅広く大切にしてもらえて本当に嬉しい。

たんぽぽさんの演奏を聴いて、
「いやあ、ええ曲やなー!作ったの誰!?あ、あたしだー!」なんて冗談を言っちゃうほどご機嫌で、
でも実は、
作ったのほんとにあたしなのかな?と不安になるほど、内心では全然ピンとこないのに、
あたしなんだよなって、
Cheri*で居て良かったなって、
何度も何度も、人に教えてもらって、やっと自分自身に刻むことができます。

Photo

あたし一人で唄っているだけだったら、
こんなに多くのひとたちの前で、この曲たちが披露されることは無かったと思います。
夢を叶えてくださってありがとうございました。

提案と実現のために動いてくださった大野さんと古川さん、
編曲してくださった柳井先生、
実現してくださったたんぽぽの皆さん、
本当にありがとうございました!!!

* * * * *

汽水域の源流を辿れば、
この曲が生まれたきっかけ、
音楽から逃げたことも、向き合ってきたことも、
汽水域の源流を辿れば、
そもそも自分が音楽を始めたこと、
音楽に救われたこと、
音楽を好きになったこと、
もっと幼い頃に、音楽への興味を伸ばしてくれた両親、
そのすべてにありがとうが生まれる。
汽水域の源流を辿れば、
いつの間にか、山の谷間の湧水のようなことに、感謝するのだ。
もうそこには愛しかない。

きっと空から降った雨が、
音楽の神さまが降らせた愛が、
川の支流になり、いつか汽水域に流れ込む。

そして必ず大海原に旅立っていく。

いつか誰かからいただいた愛を、
また次の誰かに伝えるために。

さて、2019年のGWは高知へ。

ゴールデンウィークを高知で過ごすのは3年ぶり。
前回のゴールデンウィークって2年前だっけ?あれ?ってなったのでブログをさかのぼってみたら、
まだこの公式サイトがリニューアルされる前で、
前に使っていたSeesaaブログのシステムを使ってブログを書いていた頃のことだったので、
2016年のゴールデンウィークのことでした。

何もなく、観光だけで高知に行った。
なのに1週間くらい無駄にダラダラと滞在させてもらった。
このときの体験が、高知への親近感や、現在に至る繋がりに、大きく影響を与えていると思う。

このときの旅ブログは、それはそれで面白いので、一応リンク貼っておきます。
「Cheri*」というものが、いろんな要素で、いろんな関わり合いの中で、
築き上げられているんだなあということが、垣間見れるブログなのだと思います。

【2016年5月】
(1日目)http://blog.cheri-web.com/archives/20160501-1.html
(2日目)http://blog.cheri-web.com/archives/20160502-1.html
(3日目)http://blog.cheri-web.com/archives/20160503-1.html
(4日目)http://blog.cheri-web.com/archives/20160504-1.html
(5日目)http://blog.cheri-web.com/archives/20160505-1.html
(6日目)http://blog.cheri-web.com/archives/20160506-1.html

リンク先の文章まで読んでいると、ものすごい長い前置きになるわけですが。。。

というわけで、高知に行ってきました!

しかし、、、

出発したものの、ものすごい渋滞。
おそるべしゴールデンウィーク。

バスは三宮出発から1時間半経っても、まだ神戸から出れませんでした。

まあ、プシュるよね(笑)

高知に向かっていますが、三宮出発から1時間半経っても、まだ神戸から出れてません。 超絶渋滞中なのでプシュりました。

飲み終わる頃に、1回目の休憩。
いや、まだ神戸市内じゃんっていう。

サービスエリアって飲酒運転防止のために、コンビニにビール売ってないんですね。
追加のビールは無し。
飲み終わっちゃったから、あとは寝るしかないけど、今日はあんまり眠くない。

やっと神戸を脱出!

Untitled

そして念願のこれ!
やっとちゃんとまともに観れた!
鳴門のうずしお。

高知行きのバスは2時間遅れの走行でしたが、素敵な山並みが続いておりまして、

「おぉー、これはいい山ですねぇー」

なんて、一人で山並み評論家になっております。

新緑と深緑のコントラスト。

良い山並みー

高知でお世話になっている大野さんと、
友達夫妻の結婚祝いを兼ねて、あんぐらさんでご飯。

Photo

高知に最初に行ったときは、まだ結婚は未定だった二人だけど、
こうして夫婦として歩き出した二人を見ていると、
関係性が理想的というか、微笑ましいやら羨ましいやら、でもとにかく幸せな気分になれる。
ありがとうありがとう、ごちそうさま♪

Photo

皆でリベルテに戻ったら、分室のホームシアターでPerfumeのライブDVDを爆音で鑑賞していたけど、
あたしは疲れていたのか、ほとんどこの状態で寝てました。

Photo

部屋に戻るとばたんきゅーでした。

OFTN
(*´ω`*)