ルーム25

久しぶりにやったことのないボードゲームで遊びました。
「ルーム25」
SF映画みたいでした。

プレイモードが何パターンかあるらしく、とりあえず協力型でプレイしてみました。
各パネルは部屋になっていて、安全な部屋、危険な部屋などさまざま。
一応、最後はみんなで脱出成功しました(笑)
プレイヤーたちはキャラクターが濃い。
でも別に特殊能力とかは持ってない(笑)

ホビージャパンのゲームブログでも紹介されたのが読んでて面白かったです。
http://hobbyjapan.co.jp/game?p=7194

Photo

Photo

あとミニゲームとして「ワードウルフ」も遊んでみました。
新感覚の人狼ゲームとしてお手軽に遊べていいなと思いました。
お題を出してくれるアプリがあったので、その場にいたメンバーみんな、さっそくダウンードしました(笑)

楽しかったー。
そろそろパンデミックでがっつり遊ぶ回もやりたいな。

やっぱり根絶だいじなのかしら

猛毒株ep.6、標本管理官&防疫の専門家。

青は根絶できたけどターンぎりぎりで勝利。
早々に黒のワクチン作れたあたり、めっちゃ鮮やかプレイっぽかった。
カードの受け渡しは度外視してウィルス除去優先。
おかげでアウトブレイク3で勝てた。
タイマー使わなかったから1分判断はできてなかったと思う。

image

リモートプレイ。

チームメイトのigaigaさんとリモートプレイ2回目。
ウェブカメラでボードを映しながら、ウェブ通話しながらの遠隔プレイです。
遠距離でなかなか一緒に練習できないし、見えない分コミュニケーションが不足する。
他のチームに比べたらこの点はちょっと不利なのかもしれないけど、
負けずに頑張る!

前回よりスムーズにプレイできたけど、アウトブレイク負け。
なんだか世界を救えなくてしょんぼりしちゃう。
たまに基本プレイEP5とかはさんでヒャッホウ!!って快勝しないと、
「あたしはパンデミックの何もわかっちゃいなかった、、、」
って精神的に病みそうだ。
衛生兵で無双とかしたい。

Photo

Photo

なかなか救えない。

ep.6、突然変異、検疫官(アフロ)と現地調査員。
初めて黄色の能力が役立ってた気がするけど、最後は1ターン足りず時間切れ。
アフロがナイスセーブ。

めっちゃ流れは良かったけど、紫作るときのカード選別ミスったから青作るの遅れたのかも。
なかなか楽しかった。
やっぱアフロの自覚、大事。

Photo

アプリでパンデミック

パンデミックの日本大会の本戦まであと1ヶ月になってきたので、練習を始めないと!
ということで、たまにゲームブログも書いていきます。
知らない方は、全然なんのこっちゃわからないと思いますが、ただの個人的な趣味ブログなのでご勘弁(笑)

広げるのが面倒だったので、アプリのパンデミックで猛毒株を練習してみる。
1戦目はアウトブレイク負け。
猛毒エピの中で、1枚多く感染引かなきゃいけないやつと、アウトブレイク2個進むやつにやられた。

同じ役職で2戦目は、イベントカードを効果的に使えて、スムーズに世界救えた。

DJIb2TNVwAE-tRu

パンデミック・サバイバル2017

ボードゲームであるパンデミックの販売元は、日本ではホビージャパンという会社なのですが、
ここが開催する「ホビージャパン・ゲームフェスティバル2017」にて、
今回あたしが参加した「パンデミック・サバイバル2017、日本代表決定戦予選」が行われました。
今年の予選会は7月・9月・10月に各1日ずつ、計3日間行われ、
そこで予選突破したチームが、10/9に開催される日本代表決定戦に出場することができます。
そこで優勝した唯一のチームが、12月にオランダのアムステルダムで開催される「パンデミック・サバイバル世界選手権」に、出場することができるのです!
日本代表チームには、アムステルダムへの渡航費用25万円が授与される、という仕組み!

去年は予選会としては2日目、9月に出場したわけですが、
全4回戦すべてにおいて、突破できなかった。
その様子はこちら(笑)
http://blog.cheri-web.com/article/441932866.html
igaigaさんは誘ってくれたけど、10月の最終予選会にもう一度の遠征をすることができず、食い下がることもできなかった。

そして、今年!
igaigaさんがチームメイトとしてCheri*に白羽の矢を立てて、声をかけてくれたのも嬉しかったし、
飛行機を調べたら割と安く行けそうな雰囲気だったので、即決!!
パンデミック・ファンとしての夢とロマン、そして面白ネタになるから、という、
純なのか不純なのかわからない動機を胸に、参加してきました!!!

ライブ明けのCheri*が果たして朝起きれるのか!?というところから、すでに勝負は始まっている!!
もう一組、同じ日に参加するパンデミック友達との『共闘グループトーク』にも、「起きろメッセ」が流れる(笑)

深酒をせずに済んだとは言えど、暑さにバテながら新宿の会場へ。
会場ではホビージャパンの物販コーナーも賑わいつつ、
同時開催の「ドミニオン日本選手権予選」がすごい盛り上がりでした!
ドミニオン参加者も圧倒的に多い!
よくわかんないけど80~90人くらい参加してたんじゃないかな。

パンデミック予選会のほうは若干、肩身狭いかんじ(笑)
定員は12チーム、24人まででした。
受付が11時からで、1回戦は12時から。
すると11時の受付で、出場希望が14チーム。
抽選となりました。
さらっと行われたけど、これ、後から考えたら重要な抽選だったよなあ。
igaigaさんが当選カードを引いてくれて、無事、1回戦から出場できました!グッジョブ!
落選したら14時の回まで待ってなきゃいけない。
ちなみに抽選にはパンデミックの感染カードが使われたけど、キンシャサで当選でした!
本日のラッキー都市はキンシャサか!?

Photo

受付&抽選から、1回戦まで少し時間が空くので、買い出しに出かける。
腹が減っては戦はできんですよ。
そのついでに、会場の向かい側に神社があったので、必勝祈願!!

Photo

Photo

そして会場ビル下のエントランスでもぐもぐ。
験を担いでメンチカツパンだ!(笑)

Photo

パンデミック・サバイバル2017、日本代表予選、始まります!!

image

さて1回戦。

Photo

敗退!!(;ω;)

ってゆうか、アウトブレイク必須のシャッフルだったよね!ちょっと!
最後はアジアの地域がウィルス爆発して負けた。
赤コマがマイナスになって終わったんだっけか。

同じタイミングで他のチームも敗退していた。
この時点で残ったのは12チーム中、5チームだったらしい。
共闘しているパンデミック友達のゆどうふチームも同じタイミングで脱落。
でもうちのチームも、写真見返すと、まだまだ遠かったなあ。
どのチームも長期戦になっていたのだなあという印象。

共闘戦線を張る、ゆどうふチームと喫茶店で感想戦。
ゆどうふチームは、別のパンデミック大会を開催してくれていて、
毎回面白いデッキに挑戦させてくれます。
2015年のゆどうふパンデミック大会で、Cheri*は優勝させてもらえたのでした!
9月のパンデミック・サバイバル予選会は、業務委託のような形でゆどうふさんたちが運営するらしく、
今回の予選会を逃したら、リベンジするチャンスも減ってしまうとのこと。
これはなんとしてでも、7月に予選突破しておきたい!!!
みんなオリジナルのパンデミックチームのロゴ!

Photo

そして2回戦。

4色あるワクチンを作る役割を分担をした打ち合わせ通りに進み、
途中でものすごーーーーーく焦った場面はあったけど、
首の皮一枚で繋がって、どのチームより最短でワクチン4種作れました!!!
世界救った!!!
日本代表予選、突破ーーーーーーー!!!!

Photo

ここではエピデミック出ないはずだから、と、ウィルス感染都市を放置して、
機動力のためにも研究所(拠点)を配置。
これが功を奏して、のちのち赤のワクチンを作りやすくしてくれた。
地道に確実に黒のワクチンを作り、
黄色のワクチンは相変わらず「作りどき」に悩んだものの、
せっかく世界の僻地まで飛んだのだから、と、ワクチン精製を重視。
そのまま次のターンで赤が作れた。
この途中で中東の地域がウィルス爆発し、アウトブレイクの連鎖でまさかの黒コマが0。
あと1か所でも黒が出たらゲームオーバーというところが、最大の危機だった。
「チェンナイ出たらごめんね!」「いいよ!ワクチン作ろう!」
初志貫徹が、なぜか運を味方につけてくれた。
黒コマ対策に、あたしは全力で除去(除菌)にまわる。
残るは青のワクチンのみ。
バンコクは放置していいから!と、igaigaさんが英断。
赤のワクチンを作ったあとにアトランタに飛んで、アトランタの青カードを確保して待っていてくれたigaigaさんを追いかける。
そして隣りのシカゴのカードも受け渡しをして、igaigaさんは最終地点へ飛んで黒コマ除去へ。
あたしは最後の4アクションをどう使うか、必死で考えるけど、できることはもう限られている。
4アクション目は最後の青ワクチンを作るので、残りは3アクション。

他のチームやスタッフさんの雰囲気で、クリアである4つ目のワクチンが見えていることが伝わった。
「同率タイ」という可能性が浮かぶ。
その場合、アウトブレイク数が少ないチーム、3つ目のウィルスが置かれている都市が少ないチーム、、、など、
大会のルールが細かく定められている。
「もしかしたら、その条件で負けるかもしれない・・・」
いちばん悔しいやつだ。
去年も3戦目が「同着判定負け」だったのだ。

黒をせめて除去する。
1都市だけでも3つ置かれているところを無くしたい。
あとは祈るしかない。

4アクション目で青のワクチンを作る。
ゲームクリアだ。
世界を、人類を、救った。

「こちらワクチン4つ完成しました、他のチームいませんか?」
スタッフが声をかける。
ためいきが漏れたのがわかった。
みんな周りを見渡す。

手を挙げたチームは、、、いない。

というわけで、igaiga×Cheri*(チーム・パンダミック)2回戦で無事、予選突破しましたーーーーー!!!
単独トップで勝ち抜けた!!
とてもとてもとてもとても嬉しい!!!!
igaigaさん、おつかれさま!!ありがとう!!!
やったーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!悲願の予選突破ーーーーーーーーーーー!!!!!
歓喜のあまり本気で大声で叫びたかったけど、
めちゃくちゃ、ほんとめちゃくちゃ我慢して!!!
igaigaさんと両手でハイタッチした!!ヽ( ゚Д゚)人(゚Д゚ )ノ

「次の番がまわってくればクリアだった!」
ゆどうふチームも含めて、他のチームに聞いたら1ターン差だった。
次まで待ってたら、同率タイの判定差で勝敗が分かれていたのだ。

勝てた。
勝てた。
勝てた。

公式大会で予選突破したから、これでただのファンから正式にパンデミッカーを名乗りたい!キリッ!
副賞のパンデミック:コンテイジョン(接触感染)をゲットしました。
2人で1つだけど、igaigaさんが譲ってくれた。
紳士だなあ。

Photo

金麦を買って、ひと足先に勝利の美酒を味わう!(ちなみにigaigaさんは下戸りん)
ごきげんさん!!!

image

igaigaさんは3回戦を観覧、あたしはエントランスで500mlの2本目の金麦を飲む。

TwitterやFacebookにパンデミック大会日本代表予選の勝利を投稿して、
お世話になってる大好きなひとに報告して、
こたんの「ボ会」のグループメッセに報告して、最後に、母親にメールをした。
母親にとっては何が凄いかすらも全くよくわからない勝利に、喜びの返信をくれた。
嬉しかった。
ありがとうね。

3回戦が終わり、igaigaさんと最初に行った神社にもう一度「御礼参り」をしに行った。

そしてみんなで共闘中ーーーーー!!
会話の内容もみんなこれが共通言語になっていて面白い。

あの速さでワクチン作るってことは、、、
あの記憶力、
ウィルスの除去のためではなく、カードの受け渡しで落ち合ってるよね、
17ターン目だったよねたしか、
ケアするスピードと引きのタイミングは変わってきますよね、
3回目の底引きは、、
赤は自引きできるから、、、

泣いても笑っても4戦目で今日は最後!
みんながんばって!!!一緒に日本大会行こう!!!!

共闘中-! 会話の内容、、、 あの速さでワクチン作るってことは、ウィルスの除去のためではなく、カードの受け渡しで落ち合ってるよね、17ターン目だったよね、あの記憶力、ケアするスピードと引きのタイミングは変わってきますよね、3回目の底引きは、、

4回戦は見事ゆどうふチームが、去年に引き続き予選突破!!
やったね!!!

Photo

お疲れ様会がてら、居酒屋で感想戦!

居酒屋で感想戦!

Photo

来て良かった!
ほんと良かった!

あたしが神戸から来てるということを、みんな少しずつ気を遣ってくれたりして、
みんなちゃんと大人だなあと思う。
副賞を譲ってくれたり、
飲み代を少し負担してくれたり、
だからあたしは、また頑張って遠征するよ!って思える。
これは、
唄を聴いてくださる人がいるから、ライブができるのと同じ。

最終的にひとを動かすのは、「ひとの力」なんだなあ。

O-SITEのライブMCで、「世界救うために来ました」的に豪語したことを、
有言実行できて、ほんとに良かった。
ライブさせていただけることも、
会いにきてくださることも、
泊まらせていただいてることも、
一緒に遊んでくださることも、
全部「応援」になって、全部「意味」になった。

どんな種類の「ふるい」にかけても、「ありがとう」しか残らないような、
大きな、見えない力を感じた日だった。

ありがとうありがとう。

本当に、ありがとうございました。

10/9の日本代表決定戦、また東京行きます!!
きっと大会が終わったら、ちゃんとライブもします!
どっちも頑張ります!!

よーし、練習するぞーーーー!!!
リモートプレイもまたやってみよう。
自主練もするぞーーーーー!!!!

パンデミック練習!

荷物を置いて、都内に戻り、
パンデミック・サバイバル2017出場のチームメイト、igaigaさんとカラオケ屋さんで練習!

以前からCheri*をご存知の方はきっと知ってらっしゃるとは思うのですが、
パンデミックはあたしが最もハマっているボードゲームです。
世界地図がボードになっていて、地図上に蔓延する致死ウィルスに対して、抗体ワクチンを作れたら勝ち、
という、世界を、人類を、救うゲームなのです!!

去年は事前に、テレビ電話みたいな感じでボードを画面に映し、
リモートプレイでパンデミックの練習をしてたのですが、
今回はそういう事前練習が一切できずに東京入りしたので、
igaigaさんと遊ぶのも、去年末の「パンデミック合宿(パンデミックレガシー会)in名古屋」以来です。

練習の前に、腹ごしらえ、というわけでパスタを注文して食べてたら、
「何かBGM欲しいね」とigaigaさんが言ったから、思わず、
「あたしの曲、唄わずとも、ここでずっとリピートで流してたら、何十円か使用料が入るんだよねw」
という話になり、その流れで、一応、Cheriの曲が入っているかチェック。
そしたらこの部屋の機種は「斜陽」が入ってました。
なんで斜陽がカラオケに入ってるのか不思議(笑)

んで、これ、ほんまにマジの話なんですけど、今まで一度もやったことなかったんですよ。
自分の曲がカラオケに入ってても、一度も流してみたことなかった。
どんな音源が作られて流れるのかも知らなかったし、当然、自分で唄ったこともない。
というわけで、生まれて初めてやりました!
あ、唄ってないですけど、一度だけ(笑)
どんな音源なのか、どんな映像が当てられているのか、
生まれて初めて観て聴くことができました!!

映像と歌詞のミスマッチが一番面白かった場面はこちらです!www

これ、ほんまにマジの話なんですけど、今まで一度もやったことなかったんですよ。自分の曲がカラオケに入ってても、一度も流してみたことなかった。この前パンデミックの練習するためにカラオケ屋さん行ったとき、生まれて初めてやりました。映像と歌詞のミスマッチが一番面白かった場面はこちらです。

はい、まあそれは置いといて、パンデミック練習。

パンデミック・サバイバルでは大会ルールがあり、制限時間が決まっているので、
iPhoneでタイマーをオンにしながら一緒に考える。
1分15秒だから、ほぼほぼ1分で考えないといけない。
久しぶりにパンデミックで遊ぶし、いつも長考気味なので、1分15秒、これがかなり短く感じる。
練習ではちょいと時間をこぼれて動かしていたターンもあったから、気を付けないとヤバイ。
あと拡張版のロール(役職)やスペシャルカードも、思い出しがてら慣れておかないと。

image

image

こんな写真載せても意味わかんないかもしれませんが、
いやあ、なかなか苦戦して、ワクチン作れないし、世界を救えない。
うむむ、、、手ごわい。。。
ってか、パンデミックのプレイ感を、もしかして、あたし、忘れてる・・・?
ショックというか、ちょっと動揺というか、気分的に暗雲立ち込めそうな中、
最後のプレイは、役職を決め打ちして、
世界を救ってクリアして、気分良く帰る、ことにしようぜ、と。

image

やっとこさ、クリア。

やっぱり機動力って必要だなあ。

パンデミックは何度やっても奥が深い・・・。

ちなみに去年の大会の様子、ブログ読み返したら、悔しい想いと、心身の疲労がよみがえる。。。

今年は予選突破を目指してがんばるぞー!

レガシー合宿2日目

おはようございます、パンデミック:レガシー合宿2日目です。

おそらく夜中の3時とか4時くらいまでやってたので、遅めの起床。
というか男性陣に比べたら身支度に時間がかかるというのに、誰よりも朝が弱い。
目覚ましのアラームを超無視しつつ、だらだらとようやく起床。

まずは朝ご飯、兼、お昼ご飯に出かける。
鶴舞のあんかけスパ「あん」に行ってきました。

image

あんかけスパはスパイシーなのであたしにはちょっと辛いのだけど、
とろ~りトマトというメニューを選んだので、
トマトとブロッコリーの水分と、とろけるチーズで、
味がだいぶまろやかになり、めっちゃ美味しかった♪

image

そのあとは天気も良かったし、空気が澄んでいたので、
できれば気持ちをしゃんとさせたいな、と思い、
近所にある白山神社へ行ってきました。
レガシーの必勝祈願でもある(笑)

image

さて、宿に戻り、準備は万端!(笑)

image

本日がなかなかの正念場。
クリアまで漕ぎ着けて世界を救うぞー!!
でも写真はネタバレできなーい!

Photo

荒波にもまれてぐわんぐわん揺れるボートのように、
シナリオとルールがどんどん書き換えられていく!!
ベーシックなパンデミックをよく知っているひとほど、
この展開には驚愕してしまうと思う!(笑)

いやあもう、めっちゃ頭を使いながら何時間も耐久でパンデミックやってるので、とにかく疲れる!
集中力も限界に。。。

晩ご飯は近所のイオンタウンのフードコートで(笑)
あたしはあんかけかつどん。

image

image image

ひとやすみしたらまだまだ頑張るぞー!おー!

image

最後の「ひと踏ん張り」を後押しするための買い出し(笑)
ビールは祝杯用!(笑)

image

中盤はなかなか苦戦して長考してたのもあって、
だいぶじっくりプレイしたと思う。
なのにその成果が覆される事態も発生するっていう、
「パンデミックこわいパンデミックこわい」状態。
いがいがさんの肩や腰にも疲労が蓄積され、彼はおじいちゃん状態に(笑)

11月まで進んだところで、あたしの疲れもピークに。
思考停止し始めて、集中できなくなってきた。
温泉入って頭をすっきりさせてから、最終月の12月に臨むことに!

image

はい!というわけで、明け方の4時頃にようやく!!!
ゲームクリア!!!!!
最後の12月はもう、
1ゲーム目では絶対にクリアできないように作られてるんじゃないかと思ったけど、
2ゲーム(上旬と下旬)で世界を、人類を、完全に救いました!!

ひゃーーーーーー!!!!!疲れたーーーーーーー!!!!
疲れたけど!!!めっっっっっっっっっちゃ楽しかった!!!!!!
パンデミックの世界で一喜一憂しながら、
こんなにがっつりとパンデミックで遊べるなんて、
しかも今までにないシナリオで遊べて、大満足しました!!!!

プレイヤーにも名前が付けられたりしたので、
なんかキャラクターにも愛着を持ってしまう。
プレイ履歴を書き込めるので、
活躍したロール、あまり登場しなかったロールの違いがわかる。
一番登場したキャラ、よくがんばったなあ。

Photo

ぎりぎりネタバレにならなさそうな加工で、
これが我々のチームの、ゲームカレンダーでした。

ネタバレ禁止ー 別にネタバレにはならんけど、一応。

2行書かれてあるところが1ゲーム目ではクリアできずに再挑戦した月。
5月・8月・12月ですね。
それ以外は一応1ゲーム目でクリアできてるのだけど、
1ゲームでクリアすれば難易度が上がるルールになっていたので、
そりゃないぜベイビー状態。
でも「わざとクリアせずに2ゲーム目に持ち越す」のもさほどメリットが無く、、、
いやいや!そもそもパンデミッカーのモラルとして!!
世界を救う努力を「しない」という選択肢は、我々には無いのだ!!!(笑)
とにかく精一杯救うのみ!!!

というわけで、祝杯!!!
お疲れ様でしたーーーー!!!
すっぴんだから白く飛ばして加工万歳!!!

image

金麦飲みながら、とみーるさんから1時間ほど忍者の話を聞きました。
「2016年は忍者元年である」ことだけ覚えてるけど、
それ以外はもう忘れてしまった。
いがいがさんもけいちゃんも、それぞれ変わった活動してるときもあって、
いろんなところに物好きな友達がいて、あたしは幸せ(笑)

今回のパンデミック遠征は直前に届いたたまごスピーカーを持って行ったので、
(むしろそれが目的で、ポイント交換のときこの商品を選んだのだけど)
終始、部屋にBGMを流すことができました。
これ、とっても良かったなあと思った。大活躍。
思考の邪魔にならないBGMにしてたけど、音楽止まるとやっぱり淋しくなるし、
リラックス効果もあって、なかなか煮詰まることが少なく済んだ気がする。
静かすぎると、煮詰まっていることがさらに浮彫りになって、
負のスパイラルとか陥っていたかもしれない(笑)

今は達成感と充足感。
翌日には現実世界にカムバック。
世間じゃもう2016年が終わる、大晦日。
なんか2泊3日、缶詰になってたから、全然ピンとこないな。

横になったらすぐに寝落ちしました。

グンナイ。

忘年パンデミック会

事の発端は、12月上旬に突然舞い込んできたメッセージだった。

「はろー師走してるーぅ?とつぜんイベント思いつくおじさんだよ。」

前回、ボードゲームのパンデミックでがっつり遊んだのは9月。
パンデミック・サバイバルの日本大会予選。
http://blog.cheri-web.com/article/441932866.html
このエントリの最後に書いてある、パンデミック・レガシー。

そう、これはそのとき始まった、パンデミックレガシーの物語なのだ。

* * * * *

ホビージャパンのブログにも載ってますが、
http://hobbyjapan.co.jp/game/?p=10139
『パンデミック:レガシー』は、あたしの大好きなボードゲーム、パンデミックの新ゲームです。
マット・リーコックとロブ・ダヴィオーというひとが共作したもの。
パンデミックをベースに、別のルールやシナリオが加わっているのが、パンデミック:レガシー。
なんてったってネタバレになるから、原則は一度しか遊べないというシロモノなのです!
もちろんやりたいひとは遊んだらいいと思うし、
結論から言うと、あたしはそのうちもう一回プレイすると思う(笑)

レガシーはゲーム内の一年間、12ヶ月、刻々とルールとボードの状況が変化する中、
ひたすら世界を救い続ける設定なので、
1ゲーム1時間の単純計算でも、ゲームクリアまで最速で12時間、
クリアできなければ一度だけ再挑戦できるので、最長で24時間かかることになる。
普通なら、途中でゲームをセーブして、
次回集まった時に同じ状況から再スタートする、という遊び方になると思うのですが、
なんとこれを一気にプレイしてしまおうという企画なので、
この度「パンデミック:レガシー合宿」が開催されることになったのです。

我々のパンデミック対策研究拠点は名古屋。

東京で出会ったパンデミック友達4人のうち、
今はけいちゃんが名古屋在住、あたしが神戸在住なので、
東名阪に散らばった仲間が、真ん中の名古屋に集結することに。

さてレガシー合宿初日、みんな名古屋に続々と集まってくる。
道中、グループメッセには現場の状況が報告され、
年末の帰省ラッシュにもまれる東京組、
寝坊してバスの時間に間に合うか怪しいぐらいギリギリだった神戸組、
年末休暇に入った旦那さんに初めて息子を託す名古屋組。
それぞれ世界を救う士気が高まっているからか、
メッセの内容がパンデミックで例えられるほどに。

自由席じゃ座れないかと絶望したいがいがさんがまさかのシート確保に、
1手足りない、あ!これでいけるじゃん!のときの気分、とか、
あたしの寝坊からのリカバーにエアリフト使わなかったからスペシャルカード温存、とか、
バスの運転手さんからの、事故渋滞で迂回ルート、とのアナウンスに、
現場を封鎖して迂回しつつウィルス除去します、とか。

そんなわけで、草津サービスエリアでお弁当を買ったりしながら、

image

おもしろおかしく無事に合流しました。
名古屋は思ったより寒くなかったです。
むしろ厚着しすぎて暑かった(笑)

そんなわけで、パンデミック:レガシー合宿スタート!

image

まずはみんなでルールの読み合わせです。

image

このように、ルールブックに後からルールがどんどん追加されていくという仕掛け。

image

さて、旅館の一室に場所を移して、いよいよゲームスタートです!

image

image

いかん!これは!たしかに!
ネタバレする写真は載せられない!!!!!!

image

というわけでネタバレできないので他の写真を。

色違いのチームパーカー。
とみーるさんだけ持ってくるの忘れてたっていうw
でもこの3人は約束したわけでもなく、ちゃんと持ってきたよ!(笑)
防護マスクを付けたパンダのイラストはもちろん僕が。
パンダミックパーカーです。
いがいがさんの今の職場が提供しているサービス、tmixで作ったもの。
ちなみに羊ごっこのパンダタオルも、tmix謹製。

image

部分参加のけいちゃんを送りに鶴舞の駅の方まで行って、
けいちゃんとばいばいした。
残り3人でもがんばる!

というわけでがっつりしたものを。
あたしはつけ麺にした♪

image

宿に戻ってから、引き続き「5月」から3人でプレイ。
頃合いで温泉に浸かり、そしてまた再開。
「缶詰」って、このことだなあ(笑)

まだ始まったワクワクをそのまま胸に、就寝。

寝坊したとはいえ早起きしたからか、
集中して頭を使って疲れたせいか、
すぐに寝てしまった。

1日目、終了。