+ Blog +

+ Blog +

+ Upcoming Live Schedule +

久しぶりの王子動物園

行きたい場所が閉まっていて行けなかった関係で、
閉園1時間半前くらいに、さくっとパンダに会いに行ってきました♪

見た瞬間、興奮やら感激やらよくわかりませんが、うるっと涙が出てきた。
パンダで泣く女(笑)

Photo

Photo

Photo

動物資料館のほうでもパンダ特集やってました。

はー、癒された。
来年はもっとたくさん会いにこようと思いました。

Photo

フェスバッグブランドのTGIF!の新作

フェスバッグブランドのTGIF!、新作の撮影(着用モデル)してきましたー!
いつもお世話になっております。

年齢層的にあたしよりもっと若い子たち向けの商品として想定されているはずなのですが、
あたしの若作りはいつまで通用するでしょうかね?(笑)

半袖さむかったよ!
でも終始楽しかった!!
商品がどんどん可愛いのとか便利なのとかが追加されてめっちゃええ-ーー!!

バッグ類は実物を見てからじゃないとなかなか買えないと思うのですが、
私は実物を見てるので可愛いなーとかめっちゃ便利そうだなーって思うし、ほんとオススメできるのです。
フェス会場で出店していることも増えているので、
もし見かけたらぜひ手に取って見てくださいねー♪

フェスバッグブランドのTGIF!、新作の撮影(着用モデル)してきましたー!半袖さむかったよ!(笑)でも終始楽しかった!! 商品がどんどん可愛いのとか便利なのとかが追加されてめっちゃええ-ーー!!

Untitled

Untitled

そして取り急ぎ、ショップサイトで2種類のバッグが公開されましたー♪

(ちなみに密かにeastern youthの30周年記念Tシャツ着てモデルしてきた!)

https://tgifes.official.ec/items/15201249

tgifes.official.ec/items/15196962

Untitled

Untitled

モトロクにてパンダ発見!

商店街では「モトロク市」というのをやっていて、
この日はスウィーツ甲子園というスイーツの投票コンテストをやってました。
そこで徳島から出店していた「瀬戸内れもんと塩のパウンドケーキ」を買いました。

Untitled

なぜなら看板がパンダだったから!!!(笑)

Photo

パウンドケーキもとても美味しかったです♪♪♪

モトロク・ミュージックマルシェ

神戸元町商店街6丁目、モトロクにて、ストリートライブしてきました!
寒い中、立ち止まって、聴いてくださった皆さん、
ありがとうございました!
昼から夕方までずっと観覧してくださったかたもいて、
くれぐれも風邪引かないよう、暖かくしてお過ごしください。

Photo

観覧席としてイスを置いてもらえるようになりました!
これは助かる!みんなにも立ち止まってもらいやすくなって嬉しい!

Photo

モトロクのフリーライブは、昔やってた路上ライブに近いスタンスでやらせてもらっています。
警察に止められずにストリートライブができるのはありがたい。
なので、あまりセットリストを決めずに臨んでます。
この日の1ステージ目はたぶんこんな感じでした。

01.ルナ
02.羊ごっこ
03.夏の陽炎
04.サルの歌(榊いずみ曲カバー)
05.Dancing Snow
06.kisuiiki
07.ためいき

唄ってるあいだは身体がポカポカしてて寒くなかったけど、
それ以外はちょっと寒かったです。
厚着してきてよかったー!
でもCheri*のステージのすぐあとは、フラのチームがパフォーマンスしてくださったのですが、
衣装が!夏!
あたしの厚着っぷりとの、この対比(笑)

モトロク・ミュージックマルシェ唄い終わりました!寒い中立ち止まってくださったかた、ありがとうございました!Cheri*の次の出演者様はフラのチーム!衣装が!寒そうです!!あたしの厚着との対比。。。

CDも羽ばたいていきましたし、
投げ銭もありがとうございました!
=Asking Life=のけんたろうさんとも、よくこんな話をするのですが、
日本にはチップの文化がないので、投げ銭ってあまり馴染みが無いかもしれません。
でも音楽やライブパフォーマンスが、無形の価値として、そして技術として、
認識・評価される文化の土壌が、もっと豊かに育てばいいのになあと思います。
そうなるためには、私たちもクオリティーをもっと上げないといけないなあと思います。
楽曲を作り出すことも、演奏技術も、
1日や2日でできるようになるものではないので、
その背景と時間が、説明しなくても自然と伝わるような、
そんなミュージシャンにならなくてはいけないな、と思いました。
気持ちを引き締めてこれからも頑張ろうと思います。

すべての出演者の方が終わったあと、少し時間があったので、2ステージ目をやらせていただきました。
けんたろうさんがアドリブでギターを合わせてくれて、とても楽しかった!!
唄った曲の順番はもう覚えていませんが、

・Rainbow
・夏の陽炎
・サルの歌
・The Rose(ベッド・ミドラー曲カバー)
・Hello to Goodbye
・kisuiiki

とかだっと思います。

終わってから
けんたろうさんやElena Foundeのみんなは、大倉山ラピスホールのイベントに参加するということで、
Cheri*も連れて行ってもらいました。(ビールが飲めると聞いて・・・w)

お寺に併設されているホールで、音も照明も素晴らしく、テンション上がりました。

Photo

Elenaのバンド演奏で、飛び入り参加することができる、というイベント、
いやあ、Elenaのみんなが器用ですごいなあと、かなり感心しました。
ぶっつけ本番で演奏するってすごいイベントだなあ(笑)
あたしはけっこうビール飲んでたので、唄わないつもりでしたが、
こんなホール環境で唄えることがあまり無いので、
どんな音かな?と知りたかったのもあり、1曲だけ唄わせていただきました。

いろんなひとを紹介してもらって楽しかったです。
けんたろうさん、さすが顔広いなあ。すげー。
終わってからEddyさんとけんたろうさんと3人で飲みに行きました。
家に帰ったら文字通り「ばたんきゅー」でした。
あー楽しかった。

Photo

中之島Music Marche

むしろ暑い!っていうくらいのお天気に恵まれ、
中之島Love Central『Music Marche』気持ち良く唄ってきました!!
どうもありがとうございました!!
準備が間に合わず、バタバタしながら始まりましたが、
ライブは終始落ち着いて、ゆったりした気持ちで唄うことができました。
CDも羽ばたいて行って嬉しかったです。
ありがとうございました!!

セットリストは、
01.Rainbow
02.その先のために(ラフランス曲カバー)
03.夏の陽炎
04.kisuiiki
05.ためいき
でした。

Photo

ライブをしている場所のちょうど川をはさんだ向かい側に、
レトロな中央公会堂の建物が見えるロケーションなのですが、
街路樹が紅葉していて、とても素敵な景色でした。

写真はTenderが唄ってるところ。
Tenderの声もパーソナリティーも好きだなー。
とても可愛いらしいのとかっこいいが同居している。

Photo

みんなで打ち上げをして、ごきげんさんで帰りました。
共演者の方と打ち上げして話せるってシチュエーション、最近はそういう現場が少なくなったなあと思うので、
こういう機会が持てるのも嬉しい。

夜は夜で、景色がとても綺麗でした。

Photo

Photo

Photo

中之島のフリーライブは、また2月と3月に決まっています。
きっとめっちゃ寒いと思うけど、楽しみです♪♪

11年目のSILVER WINGS

10周年を越え、11年目に突入したSILVER WINGS、唄ってきました!
平日の京都、お集まりいただきありがとうございました!!!
姫路→東京→東京→京都、というスケジュールで、個人的に今月は遠足が多いです。
良い季節だからでしょうか、秋の遠足ですね。

前回ライブしたとき傘を忘れて帰ったので、
この日の最大のミッションは傘を持って帰ること。

久しぶりのわらく堂さん、印象というか雰囲気が、前回より少し違うように見えました。
美しさが増したような気がしたのです。
Kobosさんは初めましてでしたが、ギターのインストライブ、とても素敵でした。
そして東郷誠さんとKEEWOさんとの共演は、6月の唄う魚ぶり。
あの日はワールドカップの予選トーナメントの試合があって、
びっくりするほど撤収が早かったことを思い出しました(笑)
お二人の曲、個人的にすごく好きなので、お客さんとしても聴いていてとても楽しかったです。
来年もぜひどこかで共演したいです。

Photo

セットリストは、
01.その先のために(ラフランス曲カバー)
02.Hello to Goodbye
03.サルの歌(榊いずみ曲カバー)
04.下弦の月
05.kisuiiki
でした。

終わってからお店にふらっと飲みに入ってきた外国人観光客カルロス(フロム・メキシコ)とめっちゃしゃべってました。
だから共演やお客さまの皆さんとあまりお話できなかった。。。。
カルロスとは後日、神戸観光で再会することになりました。
Cheri*のライブも観てもらいたかった。
Alchemy以来、なぜか英語圏の知り合いが増えました。
不思議な成り行きを感じます。

さて、年内のライブも数えるほどになってきました。
来年はさらにライブが減るような気がしていますが、楽しい時間が過ごせますように。

アコギライブin姫路

アビーロード姫路さん企画、アコギライブin姫路、ありがとうございました!
10回目を記念した2days開催、1日目、唄ってきました♪
イーグレひめじのグランドピアノはとても響いて素敵なのです。

Photo

セットリストは、
01.太陽
02.羊ごっこ
03.その先のために(ラフランス曲カバー)
04.サルの歌(榊いずみ曲カバー)
05.kisuiiki
06.ためいき
でした。

Photo

Photo

川田さんと私。

川田さんと私。

終わってから畠奈津子ちゃんと飲みにいって、久しぶりにたくさん話せて楽しかった。
また一緒にライブしたいな。

あと、詳しいことはわかりませんが、
今回を機に、アビーロードさんの活動が一区切りということらしく、
もしかしたら今後、Cheri*としても姫路や加古川方面でライブする機会も減るかもしれません。
残念ですが、ぜひまた唄いに行くことができたらいいなあと思っています。

姫路城。

姫路城。 Himeji Catsle

共鳴

高架伍拾七イベント【共鳴】無事に終わりました!!
来て下さった方々、聴いてくださった皆さん、本当にありがとうございました!!
遠方からわざわざ来て下さった方もいて、
それだけ思い入れをもっていただけるライブだった、というのが嬉しかったです。
まだ年内のライブは続きますが、個人的になんだか一区切りついた気分です。
それくらい、自分にとっても思い入れの強いライブでした。

TOZY×拝郷メイコ×Cheri*という組み合わせ。
想像つかない組み合わせ。
主催者の方がいたからこそ実現したのだと思います。
後にも先にもこの組み合わせはなかなか巡ってこないかもしれない。
それこそ、メイコさんが最後に言った「10年後」とかなのかもしれません。
三者三様それぞれなのに、ちゃんと共鳴し合っている、そんな夜でした。
そして聴いてくださっている方も、それぞれ心を揺らしてくださったからこそ、
じんわりあたたかい共鳴が生まれたように思います。

東京に住んでいた頃、メイコさんと共演させてもらって、
あたしにはとても眩しく見えた。
だからもう一度ここで再会できたことは、とても意味のあることに思えた。
大好きな曲を唄ってくれて、やっぱり素敵なひとだと思った。

TOZYさんにメイコさんという並びならば、ミュージシャンとしては自分が一番ぺーぺーですので、
自分が一番手をやります、と買って出たトップバッターでしたが、
イベントとして全部が綺麗に丸く収まって、やっぱり絶妙な組み合わせだったのじゃないかなと思いました。

セットリストは、
01.ルナ
02.羊ごっこ
03.夏の陽炎
04.縁
05.サルの歌(榊いずみ曲カバー)
06.ためいき
でした。

そしてTOZYさんのステージの最後で「kisuiiki」のコラボ、
さらにメイコさんを呼び込んでスピッツの「チェリー」をカバーしました。
自分はピアノもギターも(中途半端に)弾くけど、
こういうコラボをするときには、相手が弾かないほうの楽器を担当できるので、
一曲の音楽的な幅が少し広がって、とても楽しい。
普段、あまり誰かと「合奏」しないから特に。

でも「共鳴」できて良かった。

自分のその一部に鳴ったことが、幸せでした。

Photo

Photo

「ありがとう」と「さようなら」を繰り返して、大海原を目指す。

そこからは一人だ。

いつか海と一つになるくらい、調和して溶け合って、自然に生きていけるようになったら、
蒸発して雲になって雨となり、大地に降り注いで、誰かのために生きよう。
そしてまた川の支流になり、流れ流れて、汽水域で、また出会おう。

旅の途中、命の途中で、また会おう。

縁・想・旅

京都祇園SILVER WINGSライブ、ありがとうございました!!
男女混合ミュージシャンのブッキングは久しぶりだったように思います。
共演の皆さんそれぞれ独自の世界を持っててめっちゃ素敵でした。
SILVER WINGSがイベントタイトルに使っている『縁・想・旅』を感じさせる組み合わせでした。
お客さんとしても観てて楽しかった!
淳子ちゃんはいつも優しくお話してくれるけど、
大須賀くんもツージーさんも、めっちゃ気さくにしゃべってくれて嬉しかったです。

写真、全然うまく撮れなかったのですが、めずらしく撮ったので貼り付けておきます。

トップバッターの大須賀ユウヤくん。
彼はボイスパーカッションとしても活動していて、
以前、姫路のフリーライブでサンデーラリアットというユニットとして共演したことがあって、
「すげー!かっけー!」って感心したのを覚えています。
そのときは挨拶程度であまりお話できなかったのですが、
今回はソロアーティストとして出会い直しができて嬉しかったです。
ええ意味で、「ああ、この子、音楽バカだなあ」と思いました(笑)
機材とルーパーを駆使して、ボイスパーカッションを重ねつつ、ひとりバンド。
ライブ、めちゃくちゃ面白かったです。

Untitled

2番手は杉野淳子ちゃん。
立った状態でエレピを弾くライブも見たことがあるけど、
あたしはグランドピアノを座って弾いてる、この歌い姿が好きです。
「まるたけえびす」という京都の「通り」の名を歌う、数え歌みたいな民謡があるらしく、
淳子ちゃんがそれをカバーして唄っていたのですが、
あたしは全然その歌を知らなくて、え?知らないのあたしだけ!?ってなりました。
この日も一番好きな彼女の曲が聴けて幸せ。
あたしが好きって言ってるから必ず歌ってくれるのかもしれないと思って、
ちょっと申し訳ない気持ちもしたんだけど、
でもやっぱり聴けたら嬉しい。
声と曲のマッチが絶妙で好き。

Untitled

3番手はツージーさん。
2年ぶり2回目の共演でした。
彼も、改めて共演できて良かったなあと思うミュージシャンです。
ずっと長くバンドを続けてこられて、ソロはここ3年ほどだそうです。
そうだったのかー!
どうりでギターの持ち方がバンドマンっぽいと思った!(笑)
バンドマンっていうかロックミュージシャンっぽい。
そして曲も、聴いててバンドで音が鳴ってる感じが想像つくんですよね、なんか。
心斎橋のTOBIRAというお店によく出てらっしゃるとのこと、
TOBIRAは12月にライブが決まっているので、
TOBIRAのカッキーさんに、ツージーさんとまたブッキング組んでくださいってお願いしようと思いました。

Untitled

皆さんそれぞれ、トリを務めたりワンマンライブをしたりするような実力の持ち主たちの中、
Cheri*がトリを務めさせていただきました。
ありがとうございました。
写真は淳子ちゃんが撮ってくれた。
(なんでこんな綺麗に撮れるの!?あたしが撮った上の写真、なんかどれもピンボケしてるよね!?)

Untitled

セットリストは、
01.その先のために(ラフランス曲カバー)
02.Hello to Goodbye
03.夏の陽炎
04.サイレントブルー
05.ためいき
en.kisuiiki
でした。

この日のライブが始まってほどなく、
二人の外国人のカップルがSILVER WINGSに入ってきました。
どうやら観光客で京都を訪れていたようで、
そういう方はミュージックチャージはフリーで、バーとしてお酒を楽しめるお店でもあるので、
二人も後ろのテーブルでお酒をゆっくり飲んでいました。
音楽好きだったのか、ちゃんと2組続けてライブを観ていたので、
どんなお店かよく分からないまま放置するのもかわいそうだし、
せっかくなら最後まで観てもらいたい!と思って、話しかけてみました。
スペインのマドリードから来たそうです。
今日京都に初めて来たこと、数日後に東京に向かうことなどを聞いて、
4組の出演者のフライヤーをお渡しして、簡単な英語で説明しました。
そしたらほんとに最後まで残って観てくださったので、
Cheri*のライブは急遽セットリストを全て変更して唄いました。
英語で書いたオリジナル曲を入れて、
MCも簡単な補足説明だけ拙い英語を混ぜたのですが、
たまたま先日神戸元町のインターナショナル・バーAlchemyでライブをしたことが、
この日に活かせるとは、なんだか「すべてに意味がある」と考えさせられ、感慨深いものがありました。
ほんとにタイムリーすぎる。
別の場所に行くようになったら、別の空気が広がっていて、
まるでそうなるように仕組まれていたような、なんだか不思議な気分です。
これもきっと音楽の神さまのしわざ(おかげ)なんだと思ってます。

いつもと違う雰囲気のライブになったかもしれないけど、たまにはこんな日もあって、いいなあと思いました。

次のライブはいよいよ高架伍拾七で、拝郷メイコさんとTOZYさんと『共鳴』です!
このライブもきっと、『縁・想・旅』だと思う。
必見の組み合わせ。
セッションもするのでぜひぜひお越しください!!

O-SITE、スリーマンって言っていいよね

SONGLINESから帰っても、アドレナリン出過ぎてあまり眠れなかったわけですが、
O-SITEに早めに入ってから楽屋で昼寝してました。
だから寝起きリハしても、声がカッスカスでぼろぼろでした。
うわーん、さすがに20曲は唄い過ぎだったのかーーーー!?
でも昨日のライブに来れなくて、今日しか来れない方もいるから、
今日も今日とて、唄を届けられるように精一杯頑張るのです。
だって、なんてったって、めっちゃ素敵なブッキングだから!!
神ブッキングだと思ったし、3組だったけど、めっちゃお腹いっぱいになって帰れる夜な気がする。

野坂ひかりちゃん、朝香智子ちゃん、そしてCheri*。
初共演ながらも、あたしは二人を知っていたし、あたしが一番嬉しかった。
リハ聴いてるだけで楽しかったし、音楽的に聴き応えたっぷり。
おかげで、ワンマンとは別の楽しさを、
ブッキングライブならではの楽しさを意識しながらライブできました。
一人だけで作る夜ではない、ということ。

東京2DAYSの2日目は、ステージが怖いとかじゃなくて、本当に楽しかった。
でも、2日間とも来てくださっている方々もいるので、
その方たちにも、昨日プラスアルファ、昨日以上のものを、届けられたらいいなあと思い、
ワンマンの翌日で、いわば、だいぶ「ネタ切れ」状態のところを、ぎりぎりで、振り絞りました。

前日弾いたSONGLINESのエレピが、意外と指になじまないなあという違和感を感じていたのですが、
その翌日だったから特に、O-SITEのグランドピアノ、弾きやすくてめちゃくちゃ気持ち良かった。
しかも今日調律入ったばかり♪
そして今日のパスも可愛い。

今日のパス可愛い。

久しぶりに聴いた野坂ひかりちゃんは、相変わらず素敵でした。
昔素晴らしいなあと思った印象をそのまま裏切らず、やっぱり素敵だと思えて嬉しかった。
唄だけじゃなく、ピアノでも情景描写されている音楽。

そして朝香ちゃんのアスリートっぷりはほんといつ観ても痛快だ。
そもそも自分もピアノをやっているし、幼少からクラシックピアノを習っていたから、
彼女のアスリートっぷりがよくわかる気がするのです。
リクエスト即興やら、オケを流しながらのダイナミックな音楽表現から鍵盤ハーモニカまで、
シンガーソングライターの弾き語りライブのような、歌や言葉はないけれど、
ものすごくわくわくするライブでした。
終わってから、このスリーマン、関西でもやりたいね、って話題になったくらい、面白かった。

本日はこちら!まだ身体が目覚めてなくて声がちょいとカスカスになってますが、夜には元気になる予定!!

セットリストは、
01.砂時計
02.サイレントブルー
03.kisuiiki
04.Rainbow
05.羊ごっこ
06.その先のために(ラフランス曲カバー)
en.ためいき
でした。

たくさんCDも羽ばたいて行って、持っていった分はすべて無くなりました。
初めましての方にも声をかけていただいて、本当に嬉しかったです。
東京に持っていくのは初めてだった「kisuiiki」と「Dancing Snow」も、
持って行く数が少なすぎて、買えなかった方が続出してしまいました。
ごめんなさい。
後日、送料無料で送らせていただくことになりました。
ご理解、ご協力、本当にありがとうございました!!

終わってから、美味しいビールや、美味しいケーキ、幸せでした!
ご馳走様でした!!

すべて終わったら、本気で脱力しました。
えりちゃんに助けてもらいながら帰りました。

がんばった!!!!
がんばったって言っていいよね!!!
つかれたぁー!!!
ほんまにつかれたぁー!!!
疲れたけど、めちゃくちゃ楽しかった!!!

ありがとう、しかない。
ほんとに、ありがとうだけが残っている。

横浜O-SITE、また来るよ!!

皆さんへ、心から、ありがとうございました!!!

Photo

渋谷SONGLINES『鏡花水月』

東京では2年ぶり、今回と同じSONGLINESでは実に9年ぶりのワンマンライブ、
無事に終わりましたーーーーーー!!!
来て下さった皆さま、本当に、本当に、ありがとうございました!!!!
そして10周年のSONGLINES、おめでとうございます!!
ライブ呼んでくださってありがとうございました!!!

ワンマンライブを開催するという覚悟を決めてから、
今の自分が表現するとしたら、と考えて、
『鏡花水月』というタイトルがぴったりだと思いました。
鏡に映る花、水に映る月。
四字熟語辞典で調べると、
「はかない幻のたとえ。目には見えるが、手に取ることのできないもののたとえ。
また、感じ取れても説明できない奥深い趣のたとえ。」

愛することも、唄を届けることも、目に見えないし、この手に掴めない。
でも、そこにあるって、わかる。

そんなライブになればいいな、と思いました。
自分にとって「Cheri*」という架空の人物そのものが、
本当は鏡花水月のようなものであると、長年感じていたからです。

久しぶりにたった一人で演奏するワンマンライブ、
ゆるーいやつじゃなくて、世界観を持って届けるべきライブだったから、
もうとにかく緊張しすぎて、久しぶりに肝が冷えるような怖さを感じました。
始まる前から緊張と不安で、もう二度とやりたくないと思うほど泣きそうだった。
少なくともCheri*をちょっとは良いものと思ってくださる方ばかりが集まる場所だから、
本当は安心していいはずで、心から幸せなことなのに、
だからこそ裏切りたくなくて、期待外れにがっかりさせたくなくて、
でもみんなを満足させられる自信なんて到底無くて、
だから、とにかく無我夢中で、クドくて暑苦しいぐらい、とにかく必死でやるしか無かったです。

でもおかげで、いろいろ憑き物が落ちた気分です。
綻びがなんだよ、消化不良がなんだよ、えらそうなこと言ってんじゃねーよ、あたし。
自分の唄があって、Cheri*がいて、聴いてくださるひとが、目の前にいる。
そんなちゃんとシンプルな場所に戻れば、
あたしは子どもみたいに笑っていられるし、嬉しくて泣くことだってできるんだなって思った。

今回のワンマンライブを経て、
あたしはCheri*として唄うことで、かろうじて社会と接点を持っているということも実感しました。
もちろん一個人として、年金や保険を支払い、社会の中で生きている人間ではあるけれど、
Cheri*として出会える皆さんは、
普段あたしが一人で生きていたら、一生出会わなかったかもしれないひとたちばかりなのだと、
それがものすごく尊いことだと、改めて思い知らされるような夜でした。

本当にありがとうございました。

Photo

セットリストは、
<1st>
01.下弦の月
02.氷雨
03.トラウマ
04.夕凪の音
05.夢の欠片
06.Puberty
07.Water
08.太陽
09.ラストワーズ
10.ルナ
<2nd>
11.居場所
12.羊ごっこ
13.夏の陽炎
14.その先のために(ラフランス曲カバー)
15.Hello to Goodbye
16.Dancing Snow
17.サイレントブルー
18.縁
19.kisuiiki
en.ためいき
でした。

Photo

Photo

15年以上前に、Cheriを見出してくれたCheri*にとってのお父さんのようなひとが、
10年以上ぶりに、観に来てくれました。
このひとがいなければ、Cheriのメジャーデビューへの道は無かった。
結果的に「お父さん」と一緒に仕事をすることはできなかったし、
「ちゃんと乗っかれなかったし売れなかった、ごめんなさい」の罪悪感がずっと拭えなかった。
でも、このひとに、
お前は欠陥商品なんかじゃないと言ってもらえて涙出てきた。
この言葉はあたしにとって格別でした。
このひとに言ってもらえたことに意味があったのです。
活動初期にお父さんに教えられたことを、今でも守ろうと努力していることがある。
これからもCheri*として唄っていくことで、良い曲を届けることで、
恩返しができたらいいなと思う。

Photo

また東京に唄いに来ます。

駆け付けてくださった皆さま、本当にありがとうございました!!

「唄えばそこが自分の居場所になる」と、始めたCheriの活動でしたが、
その居場所は、聴いてくださる方が、あたしの居場所を作ってくれているからです。

今度は、
あたしが唄うことで、
皆さんが聴きに来られる場所を、
ひとときでも、誰かにとっての心の置き場所を、
作ることができたらいいな、と、
本気で思ったのです。