ドラ娘2017

途中からだけど「ドラ娘」イベント行ってきました!
「10人のカホン」から見れました。
出演者はみんな女性パーカッショニスト。
おもろいイベントやー。

写真は、2台のドラムと、パーカッションで叩くあきさん。

途中からだけど「ドラ娘」イベント来てる。さっきは10人のカホンも出てた。出演者はみんな女性パーカッショニスト。おもろいイベントやー。

初めて、神戸北野工房のまち、行きました。
あんな場所やったんやね。
今年からドラ娘の開催地が北野工房のまちに変わったらしく、
講堂で行われるイベントは、ほんとうに文化祭や学園祭のような、
アットホームな楽しい雰囲気でした!

出店やフリマもあって、あたしはこれをゲット!にひひ!
ホットサンドとビール!!うきゃきゃ♪♪

Photo

最後は全員がステージに上がって、圧巻のフィナーレ!!

圧巻やなあー

毎年、関西と東京で行われているイベントだそうですよー!
来年は最初から観たい!

Cheir*

礼儀正しく、可愛いく、そして残念な後輩キャラ(笑)の、
たけっきーこと三ツ矢竹輝から、
「昨日はお疲れ様でした、ありがとうございます」系のお礼メッセが、
割と長文でLINEきたんだけど、
全部「Cheir*さん」って綴りが間違ってて、
ええなあー、これぞ三ツ矢クオリティーやなあと思いました。

C6n0Q9cVwAAu9Wb
(TOZYナイト企画、段々浜省のコーナーの一場面)

んで、かわいそうやから、
「間違ってるで」って普通に指摘してあげたら、
実はわざわざ「Cheir*」を「単語登録」してくれてた上での間違いやったらしく、
とても恥ずかしい想いをさせた今、
彼は穴があったら埋まりたいとのたもうております。

おもろすぎるwww

LINEさかのぼって読んでみたら、ほんまや、全部綴り間違ってるわーwww

でもあたしが気付いたのは、そのときだけで、
それ以前の誤字には気付いていなかったことになる。

いかに人間は脳が補完した情報を、事象として見ているかっていう証明ですなあー。

客観など存在しない、とあたしが考えるゆえんです。

水曜日は例のアレ。

というわけで、今月は毎週水曜に顔を出しております高架伍拾七。
だってミュージックバカボンドに興味あるひとたちばっかり来るんやもんー。
しかもこういう場所がない限り、出会う機会はもっと少ないであろう、
そんな楽器のミュージシャンたちと、出会いに行ってきました。
こんな場所は、いろんな音楽を知ってみたいあたしにとって、ほんまにありがたい。

ミュージックバカボンド、Flying Malletsさんの回。
女性打楽器アンサンブルグループです。
あきさんこと、アモーレakiさん率いるグループです。

この日は4人編成で、マリンバ1台とパーカッション。
他だと、マリンバ2台とかビブラフォンなどを入れた編成のときもあるらしいです。
実物を見ると、マリンバでかかった!
小学校のときの音楽会なんかで使っていたのだろうけど、
あたしはピアノやオルガンばっかりやってたから、
打楽器とはまったく縁が無く、全然覚えてない。。。
(小学生が使うやつは大きさがちょっと違うのかもしれません)
とにかくその大きなマリンバを、女性3人が叩く姿は、
楽しかったし、可愛かった!!

可愛かった!楽しかった!!

「聴いて楽しい、見て楽しい」がモットーだそうなのですが、
ほんとにその通り、見て楽しい。
あきさんの放つグルーヴに、みんなが応えて、
観客のこちらまで身体でリズムを感じて、自然と揺れてしまう。

マレットの違いで音が変わるので、聴き比べとかしてみたかったし、
マニアックな話とか、もっともっといろいろ聞いてみたいと思いました。
びっくりしたのは、木琴とシロフォンとマリンバの違い。
シロフォンとマリンバをひとくくりに、日本では「木琴」と呼ばれることもあるみたいだけど、
シロフォンが木琴と呼ばれることも多いみたい。
あたしも木琴とマリンバが違うのだと思っていたので、
それはシロフォンとマリンバの違いだったということになる。
さらに言えば、下部に共鳴管が無いのが木琴で、あるのがマリンバだと思ってた自分が恥ずかしい(笑)
さてさて、とにかく、シロフォンとマリンバの違いは、
なんと調律が違うということだった。
しかも倍音の調律だったのだ。
いやもうこれにはびっくりした。
そうだったのかーーーーー!!
だから木琴は甲高い音がしていたのかーーーー!!
シロフォンは1オクターブ(8度)、マリンバは5度の倍音で調律されていたのですー。
へー!へー!へー!へー!

TOZYさんが絶賛推奨する「後片付け」の図も、ビール飲みながら眺めてました(笑)
手際よく、どんどん解体されるマリンバ。
面白かった。

もうなんだか好奇心がむくむくしてしまい、
聞いてみたくてたまらないと、トイレを我慢する子どものようにむずむずしてしまい(笑)
はぁー、たまらんくなってお話させてもらっちゃったよー♪♪
ただのド素人のミーハー(まだこれは許せる)、
そしてちょっと変態みたいになってたー(これはあかんやつ)

メンバーの皆さんが経験してきたマーチングの世界のことも面白かった!!
指揮者がサブを含めて4人くらいおったりするねんて。
マーチングの打楽器には、バッテリーとかフロントピットと呼ばれるパートがあること。
マリンバとかはフロントピットで動かない打楽器パートになるらしい。

おうちでどうやって練習するのかも聞きました。
え、これ、マリンバ、家に持ってるんですか!?みたいな素朴な疑問から(笑)
そりゃまったく音楽をしないひとからすれば、
ピアノが家にあるという環境も「へーすごいねー」状態なのだと思いますが、
ピアノはメジャー楽器すぎて、クラスに何人かはピアノ習ってる子がいたと思うんです。
でもマリンバが家にあるっていう友達は、なかなかお目にかかったことがない。
中学で吹奏楽部だったときの後輩1人(もちろん打楽器パートだった子)しか知らないです。
種類もたくさんあるようで、発売されているメーカーによって大きさが違うとか。
いやもうこれね、大きさが違うとか、大変じゃないっすか!?
だって自宅で練習してるマリンバはこの大きさやのに、
本番で使うマリンバは違うマリンバやから、叩く位置が微妙に違うとか、
マレット(バチ)の持つ位置とか微妙に変えなきゃいけないわけじゃないですか。
しかもマレットを3本とか4本とか持って叩いたりするわけで。
もうなんなん変態やん!(めっちゃええ意味で)って思いました(笑)
面白すぎるー。

打楽器パートのひとは何でもやらなきゃいけないイメージがあります。
マリンバのように鍵盤状になってるメロディー打楽器もあれば、
バチや手で叩くようなリズム打楽器もあるし、ドラムセットになると足まで使う。
きっと人によって、得意・不得意があるんだろうなあと思ったので、
そういうのもメンバーさんに質問させてもらったり。

あたしがちょっと変態的なのかもしれないけど、
こんなに興味津津になれる打楽器の世界は、ロマンでした。

終わってから話の輪の中にお邪魔してしまいすみませんでした。
でもおかげでとっても楽しかったです!!
Flying Malletsの皆さん、どうもありがとうございました!!

あたしの知らない世界。

あたしには絶対できんから、

すごいことのすごさは知りたい。

次はTOZYナイトなので!

リハってきました!!
音楽スタジオはあたしにとってかなり楽しい遊び場です。
遊園地かと思えるくらい楽しい。
ソロでライブするためのリハは自宅で済ませることが多いけど、
たまにサポートメンバーを入れてライブするとか、
コラボする企画で一緒にリハに入るとか、
たまに3時間くらい空き時間があったら飛び込みでスタジオ探して入ることもあるけど、
そういうときに音楽スタジオに入れると、めちゃくちゃ楽しい。

そんなわけで、一人でも楽しい音楽スタジオですが、
このひとと一緒にリハで音を出すと、
いろいろ合わせてくれてめっちゃ気持ち良く唄わせてもらえるので、
ストレスフリーでとにかく楽しい。
気を遣ったり、相手がどう弾くか、自分がどう弾けばいいかなんて気にしないで、
信頼して音を出せる感じがする。

Photo

もちろんライブでは聴きに来て下る方に、チャージをお支払いしていただくわけなので、
届ける価値のあるもの、聴いていただけるクオリティのものを、
しっかりとお届けするつもりだからこそ、
こんなふうに共謀してリハをしているわけですが、
「音楽というおもちゃで遊んでる子ども」みたいに夢中になって、
時間が経つのはリアルに「あっちゅーま」でした。

仲良くさせてもらいつつ、単純にお客さんとして見に行ったりして、
最近何かといろんなインスピレーションの刺激をいただいているわけですが、
あたしが誰かミュージシャンに対して、
自分から仲良くなりたい、友達になってください、と恥ずかしげもなく願うときの、
「大きな理由」が確実に一つ、あるんです。
それは、そのひとといると、そのひとと話していると、
「自分もめっちゃ音楽やりたくなる」ということ。
あたしにとってはこれ、めっちゃ大事なんです。
てふちゃんと仲良くさせてもらってて、あたしが常に感じていることも、これと同じ。

TOZYさんとがっつりコラボするのは、2016/11/30のミュージックバカボンド以来ですが、
あのときとは違うこと、あのときにはやらなかったことを、今回やろうかと思いまして!

30分ほど、Cheri*のステージ時間をいただいておりますので、
もしふらっと遊びに来れたらぜひ、普段のCheri*ソロとは違うものを観に来てください♪
最初の30分ほど、TOZYさんのステージがあって、
そのあとで、Cheri*や三ツ矢竹輝くんが参加してわちゃわちゃやります!
たけっきーも(先月観に行ったけど)一緒にライブするのは久しぶりだから嬉しい!

C56Z0XgVMAI3qG7

ちなみにTOZYナイト企画で、たけっきーがだんだんハマショーになっていく「段々浜省」のコーナーがあります(笑)
これも楽しみです(笑)

C56Z0X5UoAApsIz

あ、もちろん「kisuiiki」は、今回もやります♪♪
2人バージョンもやっぱりええなーと思いました。

そんなわけで、次回はこれ!お楽しみに!!
お待ちしてます!!

★2017/03/10(Fri) 神戸北野 Happy Laura★
『TOZYナイト』
歌と喋りの弾き語りエンターテインメントショー
出演:TOZY
純レギュラー:三ツ矢竹輝
ゲスト:Cheri*
Open 18:30 / Start 19:30
Charge ¥2,000(飲食代別)
神戸市中央区山本通2-7-3
TEL:078-262-9617
http://happylaura.nobody.jp/

C56Z0X-VUAAm-Ji

接着剤。

きーすたん
「はわわ、、、!おなかの宝石が取れてしまった、、、明日Cheri*に接着剤買ってきてもらわな、、、」

俺氏
「ミュージックバカボンドボンドでは付かない素材か、、、」

きーすたん「はわわ、、、!おなかの宝石が取れてしまった、、、明日Cheri*に接着剤買ってきてもらわな、、、」 俺氏「ミュージックバカボンドボンドでは付かない素材か、、、」

今日がまた「イツカ」になるんだろうな

ミュージックバカボンド、=Asking Life=さんの回、おもしろかったー!
いやあ、笑った笑った。
個人的にツボりまくるので、この組み合わせはたいへん楽しい。

TOZYさんとけんたろうさんの2人が仲良しさんすぎて、
観ていてニヤニヤほくほくしてしまう(*´ω`*)

よく一緒につるんでいた時期や仲間のことを唄った曲に、ぐっときました。
いつか、この日のことや、この時期のことが、
またそのときの「イツカ」になるような気がした。

日々の一日は、過去の「いつか」がたくさん詰まっているのだな。

Photo

「音楽の子ども」がここに集う。
ミュージックバカボンドはほんまええ「場所」やなあって思う。

ほんまにテレビ番組のように、「次はこのひとを特集!」っていう感じが面白い。
全然知らなかったミュージシャンでもこの機会に興味持てるし出会えるし、毎回楽しみになる。

「汽水域」やわー。
また「kisuiiki」一緒に唄いたいなー。
それは3/10のハッピーローラ「TOZYナイト」のほうで実現しそうです♪

3月は、けんたろうさん、あきさんのユニット、藍田くん、と、
知ってるひとが続くので観に行く機会も増えそうです。

* * * * *

こんな子があたしの手元にやってきてくれました♪
かわゆい♪
誰が一番えらいか口論している(という設定)

Photo

おなかに宝石が付いてるから、あたしのが一番えらい!(はずだ!)

お腹に宝石が付いてるから、あたしのが一番えらい!(はずだ!)

「きーす」というリサイクルロボットで、
パソコンのキーボードやネジで作られています♪

珍しく届くキャリアメール。

ここまでSNSのメッセンジャーが発達すると、
キャリアメールなんて全然使わなくなるので、
ドコモから届く情報メールばかり、受信箱に残るんだけど、
2度も連続して飲みに誘われた。
違うメアドに全く同じ内容で(笑)

今やキャリアメールであたしを飲みに誘うひとなんて、
ほぼいないっていうか、
友達少ない。

いまだにあるんだな、こういうの。

メアドが生きてるかどうか判別するために、大量に送られてる系のメールで、
迷惑メールだとわかっているのに、
それでもメアドを晒さずにスクショ公開してるとか、
お人好しかww

image

普段のあたしの頭の中を徒然と。

ネット上でこんな記事を見かけまして。
途中の「東大教授の精神年齢が中学生並みではないか」
みたいな記述がなければ絶賛拡散されてほしい記事ではある。

【朗報】JASRACが訴えられることに。ヤマハ、河合楽器、島村楽器らがタッグを組んで訴訟団体を結成

あたしも著作権料の分配を受けている身なので、
ある意味、事務処理の煩わしさを省いていただけることは大変ありがたい。
ただここのところ、JASRACの独占状態には腑に落ちないことが多すぎて、ですね。

まだ記憶に残る佐村河内氏のゴーストライター騒動とかの場合、
発覚して以降、JASRACに入ってくる楽曲の使用料は、
著作権は新垣氏から譲渡されていたと主張する佐村河内氏に対し、
いつから佐村河内氏に著作権があったのかが不明だとして、
JASRACは佐村河内氏に著作権料を支払わず留保しています。
おそらく現時点でまだ決着しておらず、法廷で争われていると思われますが、
ネットのニュースでは未払い使用料、約700万円を巡って争っているわけです。

支払留保は個人的な感想としてそういうもんだろうな、と思ったりするのですが、
じゃあここでふと疑問になるのは、
「じゃあその700万円、JASRACどうしてるわけ?」というところです。
このあたりは、休眠口座のお金を銀行はどうしてるの?
みたいな素朴な疑問と似てるのかもしれません。

いずれにせよ、徴収しても分配しないことがあるっていうことや、
JASRACは著作権料の徴収をしているだけで、
作家の持つ著作権利を決して守ってくれているわけではない、ということ。
えっと、例えば、
もし盗作されても作家と一緒にJASRACが闘ってくれるわけではないんですよ、
っていう理不尽を、もっと広く知られるべきだと思う。

そのシステムに対してもっと議論され、再構築を繰り返して行くべきだと思うのです。

上記リンク先、JASRACの経営難が背景にある、という記述もあるわけですが、
そうだとするならば、あたしはあたしで、また別の連想をしてしまうのです。
このあたりは、最近読んだ別のコラムとも共通するものがあると思うのです。
日本国民の一人あたりのGDPが、先進国と呼ばれる国々の中でとても低いことについて、です。
http://toyokeizai.net/articles/-/155234

コラムは「サービス業について」となっているわけですが、
これ、日本の企業全体に通じる話なのではないかと思っていたりします。
「別にほんまはやらんでええこと、無駄にやってませんか?」
「これ無駄な慣習じゃないですか?」
とかです。
ITの活用で作業が一部削減されているから、ほんまはやらんでよくなったのに、
律儀に昔ながらの部分を残して、それがサービスでおもてなしやと言うてるような話です。
後世に残すべき「職人技」とかの話はここでは除外するとして。

職種によるのかもしれませんが、
日本のオシゴトは「お仕事ごっこ」みたいなことをしている場面が、時としてあると思うんです。
そのシステムは戦後の日本経済を支えてきたし、
ベビーブームやら団塊の世代の人たちが支えてきてくれた、
バブルの時代を含む流れもあったわけですが、
「あのさ、夏休みの自由研究やないんやから」とツッコミたくなるようなこと、無いですか?
最終的な責任を追求されずに済むから、ある程度、
自由に仕事できたり研究できたり挑戦できたりするし、
それは労働者を守ることでもあるのですが、
成果が上がることと、決してイコールではないです。
もうね、評価体制から変えないといけない企業も多いのだと思うのですが、
評価体制を含め、そういう抜本的なシステムに対してもっと議論され、
再構築を繰り返して行くべき、という意味では、最初のJASRACの話と同じやな、と思うのです。

あ、ただ、二つ目にリンクしたコラムの途中で、
「生産性を上げるためには、機械化に伴って農地を集約するなどの抜本的改革が必要」
との記述がありますが、
土地や植物に関して言えば、集約するのはあたしはちょっと危険かな、と考えてたりします。
まあ集約というのが現実的に難しいのもしかり、だし、
集約というのがどの程度ほんとに集約されるのかわかりませんが、
例えば害虫被害や病気に遭った場合、もし農地が集約してたらそこら一帯全部、全滅してしまいます。
分断されているからこそ、守られていることもある。

いま日本の森や林は、保護されている場所以外では天然のものは意外と多くはなく、
だいたいは植林されて育ってきた場所が多いです。
その植林方法として、例えばスギ林の中に一部ヒノキが混ざっていたりするのですが、
(スギとヒノキの見た目は少し似てます。葉の付き方や垂れ方が違う)
それも何か植物の病気が起こったときに、そこでちゃんと食い止められるように、
という理由でわざと「あいだ」に植林されていることもあるのです。
分断されているからこそ、守られていることもあるっていうのは、そういうことなのですね。

一つ一つ理由があって、ちゃんと守らなければいけないことはある。

ただ、

「守り続ける意義があるもの」を、ちゃんと選べるようになりたい、と思う。

でも、

大人になるって、
大人の事情って、

とっても難しい。

サンクユー・サンクユー

とある人に会いに行くのに、時間も時間やから帰れなくなるし車で行ったら、
お酒飲めないから、とノンアルコールビールを用意してもらっててそれで乾杯するわ、
バレンタインでチョコワッフルを貰うわ、
サイズが合わないからとカーディガン貰うわ、
挙げ句、帰りの有料道路の小銭が足りなくて20円貰って帰るわ、
なんか、たかりに行ったみたいや。

ちなみに写真撮ろうとしたら当然、顔認識されました。

とある人に会いに行くのに時間も時間やから帰れなくなるし車で行ったら、お酒飲めないからとノンアルコールビールを用意してもらっててそれで乾杯するわ、バレンタインでチョコワッフルを貰うわ、サイズが合わないからとカーディガン貰うわ、挙げ句、帰りの有料道路の小銭が足りなくて20円貰って帰るわ、なんか、たかりに行ったみたいや。 ちなみに写真撮ろうとしたら当然、顔認識された。

肉2days

うひひ♪
なぜか肉2daysという、幸せな2日間のスケジュールになったので、
まずは焼き肉、いただきました♪

年々レバーとかミノとかを、好んで食べるようになってきている。

うひひ。 肉。 年々レバーとかミノとかのほうを好んで食べるようになってきている。 2日間、肉予定。 明日はしゃぶしゃぶ。 ぐふふ。

明日はしゃぶしゃぶ予定♪
ぐふふ♪

ジム行かねば(笑)