普段のあたしの頭の中を徒然と。

ネット上でこんな記事を見かけまして。
途中の「東大教授の精神年齢が中学生並みではないか」
みたいな記述がなければ絶賛拡散されてほしい記事ではある。

【朗報】JASRACが訴えられることに。ヤマハ、河合楽器、島村楽器らがタッグを組んで訴訟団体を結成

あたしも著作権料の分配を受けている身なので、
ある意味、事務処理の煩わしさを省いていただけることは大変ありがたい。
ただここのところ、JASRACの独占状態には腑に落ちないことが多すぎて、ですね。

まだ記憶に残る佐村河内氏のゴーストライター騒動とかの場合、
発覚して以降、JASRACに入ってくる楽曲の使用料は、
著作権は新垣氏から譲渡されていたと主張する佐村河内氏に対し、
いつから佐村河内氏に著作権があったのかが不明だとして、
JASRACは佐村河内氏に著作権料を支払わず留保しています。
おそらく現時点でまだ決着しておらず、法廷で争われていると思われますが、
ネットのニュースでは未払い使用料、約700万円を巡って争っているわけです。

支払留保は個人的な感想としてそういうもんだろうな、と思ったりするのですが、
じゃあここでふと疑問になるのは、
「じゃあその700万円、JASRACどうしてるわけ?」というところです。
このあたりは、休眠口座のお金を銀行はどうしてるの?
みたいな素朴な疑問と似てるのかもしれません。

いずれにせよ、徴収しても分配しないことがあるっていうことや、
JASRACは著作権料の徴収をしているだけで、
作家の持つ著作権利を決して守ってくれているわけではない、ということ。
えっと、例えば、
もし盗作されても作家と一緒にJASRACが闘ってくれるわけではないんですよ、
っていう理不尽を、もっと広く知られるべきだと思う。

そのシステムに対してもっと議論され、再構築を繰り返して行くべきだと思うのです。

上記リンク先、JASRACの経営難が背景にある、という記述もあるわけですが、
そうだとするならば、あたしはあたしで、また別の連想をしてしまうのです。
このあたりは、最近読んだ別のコラムとも共通するものがあると思うのです。
日本国民の一人あたりのGDPが、先進国と呼ばれる国々の中でとても低いことについて、です。
http://toyokeizai.net/articles/-/155234

コラムは「サービス業について」となっているわけですが、
これ、日本の企業全体に通じる話なのではないかと思っていたりします。
「別にほんまはやらんでええこと、無駄にやってませんか?」
「これ無駄な慣習じゃないですか?」
とかです。
ITの活用で作業が一部削減されているから、ほんまはやらんでよくなったのに、
律儀に昔ながらの部分を残して、それがサービスでおもてなしやと言うてるような話です。
後世に残すべき「職人技」とかの話はここでは除外するとして。

職種によるのかもしれませんが、
日本のオシゴトは「お仕事ごっこ」みたいなことをしている場面が、時としてあると思うんです。
そのシステムは戦後の日本経済を支えてきたし、
ベビーブームやら団塊の世代の人たちが支えてきてくれた、
バブルの時代を含む流れもあったわけですが、
「あのさ、夏休みの自由研究やないんやから」とツッコミたくなるようなこと、無いですか?
最終的な責任を追求されずに済むから、ある程度、
自由に仕事できたり研究できたり挑戦できたりするし、
それは労働者を守ることでもあるのですが、
成果が上がることと、決してイコールではないです。
もうね、評価体制から変えないといけない企業も多いのだと思うのですが、
評価体制を含め、そういう抜本的なシステムに対してもっと議論され、
再構築を繰り返して行くべき、という意味では、最初のJASRACの話と同じやな、と思うのです。

あ、ただ、二つ目にリンクしたコラムの途中で、
「生産性を上げるためには、機械化に伴って農地を集約するなどの抜本的改革が必要」
との記述がありますが、
土地や植物に関して言えば、集約するのはあたしはちょっと危険かな、と考えてたりします。
まあ集約というのが現実的に難しいのもしかり、だし、
集約というのがどの程度ほんとに集約されるのかわかりませんが、
例えば害虫被害や病気に遭った場合、もし農地が集約してたらそこら一帯全部、全滅してしまいます。
分断されているからこそ、守られていることもある。

いま日本の森や林は、保護されている場所以外では天然のものは意外と多くはなく、
だいたいは植林されて育ってきた場所が多いです。
その植林方法として、例えばスギ林の中に一部ヒノキが混ざっていたりするのですが、
(スギとヒノキの見た目は少し似てます。葉の付き方や垂れ方が違う)
それも何か植物の病気が起こったときに、そこでちゃんと食い止められるように、
という理由でわざと「あいだ」に植林されていることもあるのです。
分断されているからこそ、守られていることもあるっていうのは、そういうことなのですね。

一つ一つ理由があって、ちゃんと守らなければいけないことはある。

ただ、

「守り続ける意義があるもの」を、ちゃんと選べるようになりたい、と思う。

でも、

大人になるって、
大人の事情って、

とっても難しい。

サンクユー・サンクユー

とある人に会いに行くのに、時間も時間やから帰れなくなるし車で行ったら、
お酒飲めないから、とノンアルコールビールを用意してもらっててそれで乾杯するわ、
バレンタインでチョコワッフルを貰うわ、
サイズが合わないからとカーディガン貰うわ、
挙げ句、帰りの有料道路の小銭が足りなくて20円貰って帰るわ、
なんか、たかりに行ったみたいや。

ちなみに写真撮ろうとしたら当然、顔認識されました。

とある人に会いに行くのに時間も時間やから帰れなくなるし車で行ったら、お酒飲めないからとノンアルコールビールを用意してもらっててそれで乾杯するわ、バレンタインでチョコワッフルを貰うわ、サイズが合わないからとカーディガン貰うわ、挙げ句、帰りの有料道路の小銭が足りなくて20円貰って帰るわ、なんか、たかりに行ったみたいや。 ちなみに写真撮ろうとしたら当然、顔認識された。

肉2days

うひひ♪
なぜか肉2daysという、幸せな2日間のスケジュールになったので、
まずは焼き肉、いただきました♪

年々レバーとかミノとかを、好んで食べるようになってきている。

うひひ。 肉。 年々レバーとかミノとかのほうを好んで食べるようになってきている。 2日間、肉予定。 明日はしゃぶしゃぶ。 ぐふふ。

明日はしゃぶしゃぶ予定♪
ぐふふ♪

ジム行かねば(笑)

魔改造。

やっとリニューアル公開できたわけですが、
やっとブログに広告が表示されなくなったのですっきりです。

これ、広告非表示、
昔はだいぶこれにこだわってホムペ作っていたんだけど、
時代とともに進化してきた多種多様な端末での、
表示対応をするべく、他社のブログサービスやSNSの活用もやむなし、
という感じになってた。
でも自分のサイトで、
自分がオススメしてもいないものの広告が出るっていうのが、
なんとも許しがたい、とかって今でも思ってしまう。
ステマじゃないんだから、ステマじゃ。
という感じ。
なので、自力でカスタマイズしなくちゃいけないのは大変だけど、
自分のポリシーにはぴったりするものが作れて良かったな、と思う。

新しいサイトなら自分の借りてるサーバーに、
オープンソースをインストールして構築してるので、
ネット上で誰かが開発し続けてくれるだろうし、
カスタマイズし続けていけば、しばらく運営続けていけそうな気がする。
自分のサーバーだから広告とか出ないし。

それにしても、PHPの改造は初めてだったので勉強になりました-。
いろいろいじりすぎると後で痛い目を見るやつ。
とみーるさんが魔改造って言ってたの、妙に納得(笑)

ええ唄

TOZYナイト行ったらkisuiiki唄ってもらえた!
役得だけで言うけど、ええ唄やなあー(笑)

唄ってくださってありがとうございました!!
初めてTOZYさんのソロバージョンをフルコーラスで聴けましたー♪

あの曲作れて良かったし、作らせてもらえて感謝なのです。

なんとなく流れで、3月のTOZYナイトに遊びに行くことになりそう。

たけっきーみたいに台本書かなあかんかな。
むしろ昨日なぜか持って帰ったたけっきーの台本で、あたしが演るっていうのはどうか。

image

クッパの憂鬱

今朝からずっと「なぜクッパはピーチ姫をさらうのか」を考えてた。
食べるためじゃなさそうだし、身代金目的でも無さそう。

じゃあクッパはピーチ姫のこと好きだったのかなあ。
だとすればマリオは実は世界一有名な失恋ストーリーになるんじゃないかしら。

って思ってたので、ぐぐってみたら、
検索候補に、「クッパ ピーチ姫 目的」って出てきたから、
みんな同じようなこと考えるんだにゃーと、なんだかほくほくした(*´ω`*)

そしたら知恵袋やまとめサイトに、あたしが想像していたよりも、
もっと壮大な設定やストーリーが紹介されていたのでびっくりした。
美女と野獣的な展開はなかったのかしら、
なんて考えてた自分の頭の中がお花畑すぎて、ちょっと恥ずかしくなった。

けふんけふん。

裏ストーリーをまとめるとですね、
①ピーチ姫が悪い魔法を解くのを阻止する
②8番目の息子の代理母をさせる(妻にする)
③カメ一族に災いをもたらすマリオとの因縁の対決
なんですけど、
もうなんだかクッパがんばれって言いたくなるので、

誰か、ブルースにして唄ってください。

過去現在未来

相手の好きなものを聞くことは楽しい。
その人がとても良い顔をするから。

相手が生きてきた中で得てきた真実について話を聞くことは素晴らしい。
その人はあたしに、その人の過去現在未来、全てを見せてくれているに等しい。

image

帰ってストーブ付けたら、犬があたしに寄ってくるんじゃなくて、ストーブに寄って行くっていう現象。

やっぱり帰ったら、犬はストーブの前であたしがストーブを付けるのを待っている(笑)

わんわん催促するからご飯入れたらぱくぱく食べとる。
寒いとお腹空くのは犬も一緒かー。
あと人が食べてると「いやしんぼ」か何かで、つい自分も小腹が空くっていうあの現象は犬も同じらしい。

繋ぎとめるものが無いとあたしはすぐに彼岸に行ってしまうから、
最後の綱になってくれてる音楽には感謝しかない。
自分が此岸にいる理由。

image

音楽の子ども

久しぶりに二人のええ声聴いてる気がする。

二人の掛け合いを見とったら、あたし「早くCheri*に戻らなあかん」って焦っとったことに気付いた。

そや、子どもやった。
「音楽の子ども」でおってええんやったんよ。

このところ大人であろうとして背伸びしとったことに気付いた夜。

ミュージックバカボンド、長島寛の回。

C2dAK9AUUAAZey4