ふくろう

あたしとは別の方向に創作意欲のある母は、
ワイヤークラフトで作ったふくろうにビー玉を買ってきて「目」を入れた。

目ってすごいね。

それだけで魂が宿ったみたいになった。

これだけでぐんと愛着が増した。

あたしとは別の方向に創作意欲のある母は、ワイヤークラフトで作ったふくろうにビー玉を買ってきて「目」を入れた。 目ってすごいね。 それだけで魂が宿ったみたいになった。 これだけで愛着が増した。

ショパン展

‪兵庫県立美術館のショパン展に行ってきました。
空いていたのでじっくりゆっくり観て回れたし、とても楽しかったです。‬

‪ツッコミどころとしては、‬

‪・『AC/DC聴きながら描いたショパンの肖像』が完全に落書きだし、
つーかその情報いる?‬w

‪・居酒屋『有り金すべて』‬(←)

‪・音声ガイドに流れる曲を含む、館内数カ所で流れるBGM同士が混ざって聞こえて、
耳が気持ち悪い‬・・・( ;´Д`)

Photo

でも、‪直筆の楽譜にはやっぱりぐっとくるものがあった。‬

‪200年前の音楽情報が残ってるなんて本当に素晴らしい。‬

‪もともと絵画的・視覚的に美しいと感じるくらい楽譜を眺めるのが好きなので、
直筆楽譜だったり、日本の明治の古い印刷楽譜だったりは、特にぐっときちゃうなあ。

解読できない乱雑な楽譜を書く作曲家もいるなか、
ショパンは綺麗に書き込んでくれているほうだなあと思ったけど、
ちゃんと印刷して後世に残してくれた出版社もっと万歳!と思った。‬

‪あと、ショパン国際コンクールの展示あたり、印象的な中村紘子さんの言葉。‬
‪「ショパンが弾けたらバッハは弾ける。が、その逆は無い」(意訳)‬

‪あたしはバッハがとても苦手だったけど、ショパンもたいして通らなかった。‬

‪‪大人になるにつれ、‬‪音楽を好きになるにつれ、‬
‪自分はクラシックピアノの、実は「まだまだ初歩」で終わってしまっていたのだなあと痛感する。‬
‪まったく残念なことをしたなあ。‬。。

もし今からでもまた「音楽の習い事(お稽古)」に通うなら、ボイトレよりギターより、ピアノを選びたいなと思ったりするけど、
あたしのピアノの師匠はもう何年も前に引退してしまった。
今なら話せることや、聞きたいこと、いっぱいあるのになあと思う。

音楽を知るほどに自分の技量の無さを嘆いてしまうような逃げを、
正面から向き合っては何時間も没頭して弾いたり、
逆に放り投げて埃をかぶせてしまうような、そんな極端な繰り返しの日々に、
自分の本当に足りないところを知らされるのだ。

だけど、
YESかNOを選べと詰問されたら間違いなく「手離したくない」と叫ぶであろう、自分のルーツを作ってくれたピアノだ。

あたしの頭の中だけに鳴っていたものを、音楽にしてくれるから。

また練習してみようと思う。

200年前にも奏でられた音楽を、曲がりなりにも弾き継ぐことができるなんて、
音楽人生の喜びそのものだなと思う。

ショパンの夢が何であったかなんて知る由もないが、

自分の音楽が愛されること、

誰かがその魂を受け継いでくれること、

それはきっと、

200年前でも嬉しかったと思うから。

11月のモトロク路上ライブ、からの明石の肉フェス!

11月も唄ってきました!神戸元町商店街6超目、モトロク路上ライブ!
最近はこういうライブが楽しくて仕方ないです。
=Asking Life=ことけんたろうさんが不在だと分かっていたけど、
現場に行ったら上河内美里さんが来てくれていました♪
通称「みさみさ」、美人さんでとても綺麗な声だよー。
2組で順番に2ステージずつ唄いました。

持っていったCDが全部売り切れました。
本当にどうもありがとうございます!!
投げ銭のご協力も本当に嬉しかったです!!

Untitled

本日のモトロク路上ライブは上河内美里さんと!綺麗な声だよー。

さて、そのあと向かったのは明石公園!

Untitled

Untitled

夕方は帰ってしまった方も多く、昼間の賑わいよりは少し落ち着いた状況だったようですが、
天気が良くて眩しいくらい、綺麗な夕焼けに向かう西の空に向かって、気持ちよく唄えました。

モトロクから明石に移動して来てくださった方もいて、嬉しかったです!
Cheri*の昔のCD「猫と月時計」を持参して来てくださった方も!!
こういうときに、あーあたしは長くやってきたんだなあ、って想いにふけります。
何年も経って、何十年も経って、再会できることもあるんだなあ。

終わってから話しかけてくれなくても聴いてくださったお兄さんや、
にこにこしながら聴いてくださったおばあちゃんも、
CDや投げ銭って言うと立ち去るおじさんも、
フライヤーを手にとってくれるカップルの彼女さんも、
みんながあたしを見かけてくれたように、あたしからも、見えてます。
ほとんどが泡のように消えていくような一瞬の記憶かもしれませんが、
あたしはそれで良いと思っています。

その日、その場、その瞬間を、音楽が繋いだ、というそのことだけが、あたしにとって「唯一信じたいと思えること」です。

たくさん唄えて幸せでした。

モトロクと明石で、立ち止まってくださった皆さん、どうもありがとう。

一生出会わなかったひとかもしれない。
そして、もう二度と会わないかもしれない。
そう分かってて、こうやって唄っていることが、あたしは一番幸せ。
それでもその瞬間、足を止めて、あたしにそのひとの時間を、命を、分けてくださったことが、嬉しい。

Untitled

終わってから差し入れいただきました!!
からあげとビール、さいこう!!!

Untitled

ティンカー・ベルは司会:イベントナビゲーターの清家すみれさん!
ちょー可愛いかった!

ティンカー・ベルのコスプレをした清家すみれさん!(司会:イベントナビゲーター)ちょー可愛い!!!

永遠に残るものなどないし、
日常の営みは儚いから。

今日という日、ありがとう。

Untitled

ぱんだろうの型ぬきバウム

お土産でいただいた東京キャラメルバウムです。

型ぬきになってるって言われてたのですが、どういうこと?って思って開けたら、こういうことでした!(笑)

Untitled

Untitled

当然、周りからこんなふうに型ぬきしてから食べました!

Untitled

あたし、この型ぬきっていうの、東京に住んでたときに初めて知ったんです。
「お祭りの屋台であった」という話を聞いて、初耳でした。
関西で(神戸で?)見たことがなくて、その後、教えてくれたひとが型ぬき駄菓子を買ってきてくれたんだったか、初挑戦したのでした。

ともあれ、ぱんだろうの型ぬきバウム、美味しかったです!
ありがとうございました!