カンパーニュライブ

初めましてのカフェ・ド・カンパーニュ、アコースティック・ワンマンライブ、無事に終わりました!
来てくださった皆様、本当にありがとうございました!!!
たっぷり唄って大満足です!!
めっちゃ遠いところから来てくださった方、20年前から聴いてくださっていた方もいて、
たまにこんなごほうびのような気持ちをいただけること、、、感謝しかないです。。。

駅から少し遠いと聞いていましたが、皆さん無事に来てくださって嬉しかった。
私は機材の搬入があったので珍しく車で行きました。

フランスの田舎町のような外観&インテリアのお店はほんと可愛かった!!
アンティークな雰囲気もあって、入った瞬間、「可愛いお店ですねぇ〜!!」って言ってしまった(笑)
店内はフラワーアレンジメントの展示があったので、お花の香りもすがすがしい。
早咲きの桜も見ることができました。

Photo

Photo

普段は音楽ライブなどやっていない普通のレストラン・カフェです。
ライブをするにあたって、機材はすべて持ち込みとのこと。
当初はギターだけでライブする予定でしたが、2時間ほどのライブを、
しかもゆったりとお食事していただきながら聴いてもらう雰囲気で、
絶対にピアノでも唄いたいと思って、結局買ってしまった持ち出し用のピアノ。
もちろん、折りたたみ式のピアノスタンドもピアノ椅子も、この日のために買ってしまった。
「パンダアンプ」と呼んでいる3ワットの小さいアンプスピーカーを相棒に、
忘れ物が無いように何度もチェックして持って行きました。

Photo

セッティングしてみて、開場までのあいだ、
パンダアンプはギターとマイクは繋げるけれど、ピアノでの使用は想定されていないものなので、
さすがにちょっとピアノの音に限界があるなあと厳しく感じてしまいましたが、
やってみて、終わってみて、個人的にこのセッティングを気に入りました。
そのぶん、ちゃんと歌を届けようって、心を込めて唄おうって、腹をくくれたのがよかったです。
そのぶん、最初は本当に緊張しましたが・・・(笑)

ご来場の皆様には、まずディナーが用意され、ご飯を食べていただきます。
この日のメニューはこちら!
すべて料金に含まれています。

<冬のカンパーニュセット>
・ウェルカムドリンク
・ズワイ蟹の包み揚げ ガスパッチョソース
・季節野菜のスープ
・ミックスサラダ
・鶏もも肉のポトフ
・パンまたはライス
・冬のデザート3種盛り
・コーヒーまたは紅茶

Photo

皆さんだいたい食べ終わる頃、18時から演奏スタート。

1stステージのセットリストは、
01.風に想いを
02.夢の欠片
03.砂時計
04.Dear
05.朱い花の糸
06.Rainbow
07.Water
08.The Rose(ベット・ミドラー曲カバー)
09.ルナ
でした。

探り探りで始めた演奏も、特にギターに持ち変えてからは急に水を得た魚のようになり、本調子に。
なんだろう、あの違いは!?
Cheri*はピアノのひとなのかギターのひとなのか、共演のミュージシャンによく聞かれますが、
やっぱりほんと半分ずつだなあと思います。

1stステージ、約1時間ほど。
そのあと休憩をはさみ、そのあいだにデザートと食後のお茶が運ばれます。
終演後にあたしもケーキをいただきましたが、めちゃくちゃ美味しかった!!!

Photo

2ndステージも1時間ほど。
セットリストは、
10.太陽
11.流星群
12.羊ごっこ
13.その先のために(ラフランス曲カバー)
14.東京タワー(拝郷メイコ曲カバー)
15.サルの歌(榊いずみ曲カバー)
16.Dancing Snow
17.雲の匂い
18.ためいき
en.kisuiiki
でした。

Photo

Photo

写真のとおり、マイクはマイクスタンドを使わず、ヘッドセットを使いました。
唄って踊るひとみたい(笑)
でも、これ、めっちゃ便利でした。
こたんライブのときのために買ったけど、他でもこんなに役に立つとは思ってなかった。
スタンドを立てるともっと狭くなるし、ピアノとギターの両方で使う場合は転換が一手間なのですが、
ヘッドセットのおかげで移動や転換がちょーーーースムーズでした。
また次回もこんなセッティングでライブをしようと思いました。

Photo

あたしめっちゃ笑ってるね。
めっちゃ楽しそう(笑)
あたしはこんなふうに笑ってるんだな。

みんなに音楽で元気を笑顔を与えられるような、そんなすごいことはあたしにはできない。
けどみんなはあたしを笑顔にしてくれる。

本当に、本当に、ありがとうございます。

Photo

さっそく次回のカンパーニュライブが決まりました!!

2020年5月4日(月・祝)です!!

皆様ぜひ今からスケジュールを空けておいてください!!

よろしくお願いします!!

ハッピーバレンタイン

京都SILVER WINGS、聴いてくださった皆さん、ありがとうございました!!
『民名センチラのLIVE st.ART Vol.52』に参加させていただきました!
杉本民名さんと、センチラことSentimental Lionさんのマンスリーイベント、
第52回っていうのがほんとうにすごいなあと思いました。
何かをずっと続けるって大変なことだと思います。
4年続いてるイベント、とても素敵な空気でした。
バレンタイン前日だったのでチョコの差し入れしました。
ちょうどぴったりの数でした。
自分もちょっと食べたかったな・・・(笑)

Photo

センチラさんは昔一度神戸で共演したことがあって、ライブ情報を遡ってみたのですが、
見つけられないくらい前だったようで、おそらく6〜7年前だったのだと思います。
久しぶりにステージを拝見できてよかったです。
出会い直し、という感じ。
そして杉本民名さんは、去年の10月に初共演して以来2回目。
あのとき聴いて好きになった「蟻」という曲を今回も演奏してくれて嬉しかったです。
京都のミュージシャン、安田仁さんのステージも素敵でした。
大御所感が漂うのにぐっと親近感を感じる、自由で楽しいステージ。

Photo

最初と最後は「民名センチラ」のコラボレーション。
2人のハーモニーが絶妙で、良質な音楽を堪能してお腹いっぱい。

Photo

おかげで私もとても楽しく唄うことができました。

セットリストは、
01.Rainbow
02.羊ごっこ
03.その先のために(ラフランス曲カバー)
04.下弦の月
05.kisuiiki
でした。

MCは何も考えてなくてステージに上がったのですが、
いざその場に立つと、伝えたいことがいっぱいで溢れてしまった。

音楽が好きで、インディーズミュージシャンと出会ってくださって、ライブに集まって聴いてくださる「ひと」がいてくれることのありがたさ。
「音楽を好きなひと」が、あたしはやっぱり好きだなあと思いました。
音楽の汽水域にリスペクトを込めて唄いました。

掴もうとすればするほど掴めない。
大きい。
深い。
赤ん坊に戻って無力になって包まれるような気分になるくらい、あたしにはとうてい太刀打ちできない。

音楽それ自体にチカラは無くとも、それを感じうる「ひとの心」にチカラがあるんじゃよ。

それでいいじゃないか、
なあ、アンタよ、
と自分に語りながら帰る。

いつかこれをおばあちゃんになって、お酒飲んで若い子にうざがられながら絡んで語りたい。