TGIC! vol.2 feat.大屋朱里、ありがとうございました!!

Voiceにてクリスマスイブのワンマンライブ、無事に終了しました!!
年末のお忙しい中、そしてお足下の悪い中、来て下さった皆さん、本当にありがとうございました!!
めっっっちゃくちゃ楽しかったですーーーーーー!!!!!
11月のライブとは打って変わって、
ただひたすらあたしが「音楽で遊んで面白がる」だけの遊び心満載なライブ、
イベントの趣旨を理解しつつ、お付き合いくださった皆さま、
そしてこの「はちゃめちゃ」に付き合ってくださった大屋朱里ちゃん、
本当にありがとうございました!!!

Voiceはこんな感じで、せめてクリスマスっぽさ(笑)

Photo
小さいツリーと、ゆきだるさんもピカピカ。
真ん中のiPadではGoogleのサンタトラッカーをずっと流し続けていました。
リアルタイムでものすごい数のプレゼントが世界中に配られていきました(笑)

前回はくじ引きライブのくじを、ご来場の皆さんに引いていただきましたが、
今回は「謎の美少女くじ引きガール/フィーチャリングゲスト」をお呼びしていたので、
くじ引きのコーナーは、すべて大屋朱里ちゃんにアシスタントしていただきました!!
そしてだいぶ朱里ちゃんをフィーチャーさせていただいたので、
その部分は「仕込みあり」として、
「これ軽くツーマンだよね?」くらいの勢いで一緒にお送りしました。

まずはセットリストの結果です!
<一部>
01.氷雨
02.壊れそうな心
03.Dear
04.恐竜の骨みたいな雲-晩年-
05.LONGING
06.朱い花の糸(Vo.大屋朱里)
07.あの子より(大屋朱里曲)
08~10.大屋朱里ソロライブ
<二部>
11~16.お題ライブwith大屋朱里(羊ごっこ・夏の陽炎・夢の欠片)
17.Dancing Snow(with大屋朱里)
18.ラストワーズ
19.斜陽
20.No angel in my eyes
21.Hello to Goodbye
22.kisuiiki
en.居場所
でした。

Photo

前回同様、最近のライブの定番曲や「ためいき」も唄わない結果。
(ちなみに前回のセットリストはこれでした)
http://www.cheri-web.com/2017/05/05/
くじ引きの選曲としては、
「恐竜の骨みたいな雲-晩年-」「LONGING」「斜陽」「No angel in my eyes」が、
前回に引き続き、今回も引かれる結果となりました。
「TGIC!」を続けると、統計的に「この曲は毎回必ず引かれている」とか、その逆とか、
そういうのが見えてきそうで、別の楽しみもあります。

ではちょっとした感想戦というか、ライブレポ。

まずはくじ引きライブで5曲。
外の雨の音が聞こえるくらい、割と大雨が降っていて、そんななか始まったライブ。
仕込み無しなのに、意図されたように「氷雨」が選ばれて、ちょっとびっくりしました。
重い曲から始まってしまいましたが(笑)
続いて、「壊れそうな心」と、またも重い選曲ながら、どちらも冬の曲が選ばれてちょっと嬉しい。

ピアノ・ギター・ピアノ・ギターとセットチェンジがあるのも仕方ないこのイベント、
久しぶりに「Dear」を唄いました。
結婚式で唄わせてもらう夢を叶えてくれた曲。
そして「恐竜の骨みたいな雲-晩年-」「LONGING」を終えて、
前半のくじ引きは5曲と決めていたので、ここで大屋朱里ちゃんを呼び込みました。
そして念願のコラボ♪
名前の一文字に由来して、「朱い花の糸」を選曲。
ゲストボーカルとしてメインを唄っていただきました。
Cheri*はギターとコーラス。
続いては彼女の曲で、あたしが選曲した「あの子より」。
これもCheri*はギター&コーラス、そして普段やらないハーモニカ。
前半のステージは朱里ちゃんのソロライブで締めくくって、休憩へ。

後半は朱里ちゃんと一緒にステージで遊ぶ企画、お題ライブからスタート。
これは今年の夏にCheri*がすごろくライブに参加して、
その内容がめちゃくちゃ楽しかった&リベンジしたい、というだけで企画して、
朱里ちゃんを巻き込んでやらせてもらいましたが、
朱里ちゃんが「ぶっつけ本番」を戸惑いつつ楽しみつつ、笑って乗ってくれたのが本当に嬉しかった!!
普段の彼女のライブでは見せない表情がたくさん見れて、これはだいぶお得感があるなあと思いました。

Photo

お題ライブのために持ち寄った曲は、お互い3曲。
Cheri*は「羊ごっこ」「夏の陽炎」「夢の欠片」で、
朱里ちゃんは「あの子より」「頑な」「南天の月」。
対して、用意したお題は「朗読」「ルー語」「ミュージックちゃんぽん」です。
どの曲をどのお題で唄うか、その場であみだくじをして決めました。

Cheri*は「羊ごっこ」を「ルー語」すなわち、ところどころ単語を英語に変えて唄います。
シープごっこをしよう!ワイズなシープになろう!
とっさに英単語が出てこずに一番ぐだぐだしました(笑)
朱里ちゃんもこれは苦戦しました。
意外と難しいんだよなー。
「夏の陽炎」は朗読。
どんな読み上げをすればいいのかまったくわからなさすぎて「平手打ち」がじわじわきた(笑)
もうこのコーナーは皆さんの失笑をいただくためのコーナーですから(笑)
朱里ちゃんの「頑な」朗読は、意外とストーリーとして、しっくりはまってました。

Photo

一番どうなるのか未知数なのは「ミュージックちゃんぽん」。
夏のすごろくライブで誕生したキャラ「ちぇり島三郎」を召喚しました。
これはCheri*の曲を北島三郎の歌詞で唄う、という遊び。
対する朱里ちゃんには「八代朱里」になってもらいました(笑)
Cheri*は「夢の欠片」をギターでやりましたが、このメロディーを「函館の女」の歌詞で、
朱里ちゃんは「南天の月」のメロディーで「舟歌」の歌詞で唄いました。
いやあ、これ、うまくはまったときめっちゃ面白いんです(笑)
ぐだりつつもなんとか「函館の欠片」と「南天の舟歌」が完成しました!
個人的にはナツカゲなら「まつり」が合う、羊ごっこなら「与作」が合うと思ってたので、
ちょこっとそれも遊んだり、結局、ここで唯一の手拍子をしてもらったお題ライブが終了。

Photo

最後に2人でちゃんとコラボしましょう、ということで、
12/24リリース、Cheri*の新曲「Dancing Snow」を2人で披露しました。
この曲、作った当初からダンスビートや打ち込みのサウンドを想定していたので、
弾き語るためにアレンジしていなくて・・・(´Д`;)
レコーディングならピアノもギターも自分で弾いて重ねられるけど、
ライブではぶっちゃけ一人では再現できないので、
朱里ちゃんが一緒にやってくれて、自分の聴かせたい形に、なんとか近づくことができました!
いやあ、楽しかったなあ。
この「Dancing Snow feat.大屋朱里」バージョンは、年明け1/18の大阪ライブの共演でも披露することになりました!
お楽しみにーーーーー!!!!

さあ、もう終盤、最後にもう少しくじ引きライブをしてTGIC!も終わりです!

「ラストワーズ」や「斜陽」からの流れでは、少し個人的な過去の話をさせてもらったり、
TGIC!ならではの「裏話感」が満載だったように思います。
これはひとえに皆さまのおかげだと、心から思っています。
Cheri*の音楽が好きで集まってくださっているのはもちろん、
それを生み出すこのあたしのことを、人として応援してくださっているのが伝わってくるから、
あたしはきっと安心して、音楽の子どもになれる、音楽で遊べる、のだと思います。
今まで人に(ましてやステージ上で、「お客様」の前で)話すことを好まなかった自分のことを、
この人生を、ようやく抱えて生きていけるようになったからなのだと思います。
Cheri*が始まった路上ライブ時代、「猫月」より前の、活動初期の「No angel in my eyes」が選曲され、
自分なりに死生観を込めた「Hello to Goodbye」がくじ引きライブの最後に選ばれるなんて、
個人的には、ドラマチックなTGIC!になったように感じました。
そして「仕込み」として本編の最後に唄おうと決めていた「kisuiiki」、
今年の自分はこの曲と共にあったなあと、しみじみ思いました。
ちゃんとこれを自分の真ん中に、軸に据えて、この一年を過ごせたことは本当に良かった。
来年からは、この曲が自分の中に生きていることが大前提で、
「またその次」に、出会いに行けることが、嬉しい。

アンコールでは、まずクリスマスプレゼントの抽選会をしました。
協賛してくださった「TGIF!」さん、本当にありがとうございました!!
当たった皆さん、おめでとうございました!!
ちなみにこの日、グッズとして手作りのポストカードを販売スタートしました。
プレゼントの一部はこのポストカードも含まれていました。
「Dancing Snow」バージョンと、「kisuiiki」バージョンで、どちらも3枚セットです。
ジャケットで使われた写真の全体像がこれで観ていただけるようになりました。
素敵な写真なので、ぜひ飾っていただけると嬉しいです。
「kisuiiki」はジャケットの表・裏、そして盤面に使われている3枚の写真がポストカードになっていますが、
「Dancing Snow」はジャケットの写真が実際は2枚しか使われていません。
実は、使われなかった最後の1枚があって、ポストカードにはその写真を入れています。
その一枚は「Dancing Snow」の歌詞の世界、それを表現する一枚ですが、
曲は曲として完結しているし、それが完成形なので、
ポストカードはちょっとしたおまけみたいなものかもしれません。
でも手にしてくださった方、どうもありがとうございました!!

再始動してからずっとお世話になってきた「LIVE&BAR Voice」に感謝を込めて、
最後の最後、アンコールに、
「Dancing Snow」のCDに2曲目として収録した「居場所」を唄って、すべてを終えました。

改めて、全面的に協力してくれた大屋朱里ちゃん、本当にどうもありがとう!!
1/18の歌う魚での共演が今から楽しみです。
来年もどうぞよろしくね!!

Photo

Voiceがなくなるのは本当に淋しい。
Voiceがなくなったら、あたしは次はどこで、こんなふうに音楽で好き放題遊べるライブをしたらいいのかな。

音楽に戻ってこれたCheri*を支えてくださったVoice、本当にありがとう!!
お疲れ様でした!!
めぐさん、ひできさん、本当にお世話になりました!!!

Photo

Photo

2017年のCheri*のライブは、これにてすべて終了しました。
今年もたくさんお世話になりました。
以前からずっと応援してくださっている方も、
この一年、Cheri*とともにたくさんライブに参戦してくださった方も、
新たに出会ってくださった方も、
本当に、本当に、どうもありがとうございました!!!

2018年も、Cheri*としては何か新しいことに挑戦しながら、
いちミュージシャンとしては粛々と創り、研ぎ続ける、
さらに充実した年にしたいと思いますので、
来年もどうぞよろしくお願いします!!!

メリークリスマス。

皆さま、良い年をお迎えください。

Photo

kisuiikiで遊ぶ

遊びで音楽やってるわけじゃないので「遊ぶ」という言い方は、誤解を招くのかもしれないのだけれど。
でも、子供が大好きなおもちゃで夢中で遊んでるのと、同じなんだなあ。
ただ、ほんとの子供を見ていると、ときどき思う。
もともとは面白いから楽しいから遊んでいたはずなのに、
なぜかわからないけどそれが使命になって、真剣に何度も繰り返していたり、
楽しいかどうかもわからなくなるほどに集中していたり、
あたしにとっての音楽の遊びは、きっとそういうもの。

この2017年、TOZYさんとはほんまによう遊ばせてもらいました。
ようお世話になりました。
おかげで楽しい1年でした。
自分が貫く音楽の道は、一人で生きていく孤独の道だとわかっていて、
そうやって生きているから、
だから友達になれたんかもしれません。
ほんまにすごいひとを、すごいと認められる素直さ、
それは同時に悔しさを噛みしめている自分を認めることで、
ええものはええと言えることも、
売れてるものがなんで売れてるのかを知ることも、
全部、強さになっているんやろうなあ。
そういうものを共有できる友達なんやな、と思う。

実はTOZYさんに「kisuiikiは難しい曲やで」と言われたことがある。
それは自分がぺらぺらでは唄えないからだし、聴くひとに聴く力を求めてしまうような曲だからなのだと思う。
だからこそ背負う価値があると認めてくれた。

そんな「kisuiiki」を発売してからのTOZYナイト、皆さんありがとうございました!!
いやあ、盛り上がりましたーーー!!!楽しかったですねーーーーー!!

DQkeH_FVQAESWAH

あ、そういえば、ステージでミュージックビデオの話が出たので、
思いつきでCheri*の新曲MVも作ってほしいと頼んだら、断れない状況になり、無理やり約束を取り付けました!
完全なる巻き込み事故!!(笑)
「男の浪漫OPPAI」に続く「Dancing Snow」(笑)
というわけで、こちらもお楽しみに!!
やったーーーーーー!!ヽ(゚∀゚)ノ

もうすぐで「Dancing Snow」のジャケットビジュアルは公開できると思うのですが、
早く音源も試聴してもらえたらいいなと思います。
久しぶりにこの曲は「映像が欲しいな、ぜったい合うだろうな」と思っていた曲なのですが、
思わぬところに味方が現れて、あたしは本当にラッキーだなあと思います。

Cheri*が参加してからのセットリストは、
01.ルナ
02.サクラワルツ(TOZY曲カバー)
03.羊ごっこ
04.夏の陽炎
05.サルの歌(榊いずみ曲カバー)
06.気球に乗って(THE BOOM曲カバー)
07.kisuiiki
08.ためいき
でした。
アンコールはオノリョータさんも入って、全員で「ミュージックバカボンド」セッション。

DQkf_iNU8AIBoDR

DQkf_iOU8AARNbY

ハッピーローラのおでん♪
(からし抜いてもらうの忘れてた)

ハッピーローラのおでん♪

ひげにもなるTOZYトートバッグ。
安定のよっぱらい。

Photo

終わってから、シモムラソウシくんが語ってくれたのが嬉しかったけど、
あたしはどうもピントがずれているようで、すみません。
TOZYさんいわく、あたしは無添加の白飯なのだそうです。
みんな音楽の子どもなのになー。
みんなそれに気付いたら、楽しいのになー。
音楽は、大きな海で、全部のかーちゃんで、愛そのもの、なのに。

CD「kisuiiki」が羽ばたいていきました。
作ったひとの手を離れて、
持って帰ってもらったその先で、そのひとの心のなかに、
「kisuiiki」が生まれて、広がっていくといいなあ。

それぞれの人生を持ち寄った、いくつもの川の支流は、大海原に旅立つ手前で、
出会い、混ざり合い、共鳴する。

みんな必ず音楽という大海原に流れ着く。

荒波に砕け散って、
跡形もなく蒸発したら、
また大地に降り注ぐ。

ぼくたちがいつか還っていく土に、

降り注ぐ、愛。

よし!相撲で決着つけようぜ!

Nanaちゃん企画『くまの音楽会』ありがとうございました!
前回と同様、くまさんがたくさん、会場にいらっしゃいました。
この中にいるとどうしても「あたしはパンダが好きだ!」と言いたくなるのはどういう心理なんでしょうね?(笑)

テレ東のドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズに出てくる魔法使い「メレブさん」が、
いつもシュールで面白い(役に立たない)呪文ばかり披露してくれるのですが、
その中で「スモーデ」というのがあります。
この魔法をかけられたひとは「よし、相撲で決着つけようぜ!」って言いたくなるそうです。

くま vs パンダ
よし!相撲で決着つけようぜ!

ワイドショーではタイムリーにも角界のニュースで持ちきりです。

r3xp2MSL

セットリストは、
01.太陽
02.羊ごっこ
03.夏の陽炎
04.kisuiiki
05.ためいき
でした。

思わぬミスタッチがあったり、ためいきの最後でむせそうになったり、
自分としては「ありゃ?」という想いが残ってしまいましたが、
しかたない、つぎはもっとええライブができるように、頑張るしかない。

DPZ1bRCVAAE2qph

Photo

興侶マリちゃんが「You&Me」歌ってくれて嬉しかった。
個人的に、勝手に共感しているのが、彼女も「作品のひと」やなって、なんとなく思うところ。

この日のSILVER WINGSの楽屋では、皆さんとそれぞれ割とお話できたし、
また一緒にライブできたらいいな、と思いました。

京都のライブはまた来年!

次はまた冬ソングのCDが増えてます。

またお会いできますように!

2週連続、姫路、2週目

イオンタウン姫路でした。
寒い中、聴いてくださった皆さま、ありがとうございましたーーーーー!!!

目覚ましのアラームをセットしていなかったのに、奇跡的に早起きできました!
(我ながらキケン!まじでキケン!)
トップバッターのキャメレオンまどかちゃんのステージから見に行くつもりでしたが、
忘れ物を探してたら電車1本遅れてしまい、まどかちゃんのステージは最後のほうだけ見れました。

おーやなち。ちゃんが京都から初姫路。
意外と遠かったと思うんだけど、
電車の乗り換え検索したら、きっと新幹線のルートが先に出るんじゃないかな(笑)

3番手のてふちゃんが電車の遅れで、予定の時間に間に合わず、
Cheri*が先に唄うかどうかみたいな状況になって、ご心配おかけしました。
Cheri*がセッティングを始めていたところ、滑り込みでてふちゃん到着。

物販と転換の時間をカットしたので、結局Cheri*はオンタイムでスタートできたのでした。
でも結果的に少し押して始めたほうが良かったなあと思いました。
やっぱり物販席の状況や、会場の余韻的に。
そして、トリの利紗ちゃんも遅れて到着したという状況もあって。
ちょうど夕方にはまた別の事故で電車が運休したとのことだったけど、
あたしが帰る頃にはちゃんと復旧していて、なんだか不思議な日でした。
周りは大変そうだったけど、あたしは何の遅れも無いまま、普通に行って、普通に帰れた。
あたし個人には、物理的な影響がなんら無かった、そのことは別にいいことなのだけど。
でもやっぱり、相手を、周りを、心配は、するから。
そこは人として。
まあ、すべて取り越し苦労で終わって良かったんだけど。
帰りの電車で多少もやっとしつつも、
頭の中でビートルズの「アクロス・ザ・ユニバース」が流れてました。
周りが大変そうだったり、たまに自分も巻き込まれたり、
「でも自分は平気」と、それなりに冷静でいられるとき、
よくアクロス・ザ・ユニバースが浮かぶ。
なにごとも、あたしを変えることはできないし、
なんぴとたりとも、あたしの世界を壊すことはできないんだ。
フィオナ・アップルがカバーしたこの曲のMVが、目に焼き付いて離れない。

Photo

セットリストは、
01.ルナ
02.太陽
03.羊ごっこ
04.夏の陽炎
05.kisuiiki
でした。

DOVPfCvUIAAVdx5

DOVPjsOVoAAaYF_

Photo

楽屋入ったらコレで、思わず笑ってもたw
思いきりなごんだ。
ニヤニヤしちゃう。
かわええ。
やっぱり若い女の子はかわいくていいね。

楽屋入ったらコレで、思わず笑ってもた。

DOXLrsmVwAAKM_x

寒かったけど、ビールは美味しかったです(笑)
ありがとうございました!

寒くなってきたので、Cheri*的には野外のフリーライブは今年度最後でした。
また春になったらよろしくお願いします!(笑)

想像以上に寒かったので、来て下さった皆さん、風邪など引かないように、気を付けてくださいね!

2週連続、姫路、1週目

何気に4年連続で出演させていただいている『アコギライブ in 姫路』、
今回も気持ち良く唄ってきましたー!
企画・主催の「アビーロード姫路」の皆さま、ありがとうございました!

イーグレ姫路のB1階、アートホールはグランドピアノが弾けるので、ピアノだけでライブしました。
姫路に向かう電車内で「今日のライブのタイトル、アコギライブだよなあ・・・」と思っていましたが(笑)
ワンマンライブの翌日なので、若干二日酔い気味、声はカスカスでしたが、
なんとか30分、5曲、気持ち良く唄ってきました。

セットリストは、
01.縁
02.氷雨
03.サイレントブルー
04.kisuiiki
05.ためいき
でした。

23361076_1446615392121411_741934622_n

23318587_1446614965454787_1998920885_n

ライブが始まる前に、ご来場の方に声をかけてもらったのですが、
なんと、4~5年前にYouTubeでたまたまCheri*を見つけてからずっと聴いてくださっていた方で、
本日Cheri*と初の対面を果たした、という方でした。
偶然、喫茶店(?)でアビーロードのチラシを見かけて、
「あのCheri*さんが、姫路にライブしに来ているとは!」と驚いたそうで、
お仕事の時間を調整して来場してくださったそうです。
わぁーーーなんたる素敵な出会い!!!!
椎名林檎さんや天野月子さんなどなど、ロックなギター女子を特に好んで聴いていらっしゃるとのこと。
そのすごいひとたちの並びでCheri*を見つけてくださったこともすごいし、
いまだにこういうことがあったりするから、過去に「メジャーに行ったことがある」っていうのは、
やっぱり割とすごいことなんだなあ、と思ったりする。
でも、その方に、
「夏の陽炎かっこいいですよねー!」って言ってくださった瞬間、
「ぎゃーーー!!今日ギターもってきてないんですぅぅぅーー!!!!ピアノだけでライブするんですぅぅぅーーー!!!」と、
ちょー慌てたのは言うまでもありません。。。
またぜひお会いできますように!
そのときは必ずギターでナツカゲやりますんで!!(笑)

アビーの代表、川田さん。
また来年、Happy Lauraでの「かわっちゃん企画」も出演させていただく予定です!

Photo

最後に姫路城。
そんなに雰囲気良い感じに撮れなかったので、「君の名は。」風になることで有名になったフィルターで加工してみたら、
姫路城がさらに神々しくなったので大満足です(笑)

Photo

次の姫路は、来週!
野外ライブはそろそろ寒くなってきたので、あったかく着込んで、見に来てください!

★2017/11/11(土)イオンタウン姫路 野外フリーライブ★
『アビーロード姫路企画:歌姫はポッキーに乗って』
※観覧無料、荒天中止
【出演】Cheri* / キャメレオンまどか / おーやなち。 / てふてふ / 中村利紗
【時間】Cheri*の出演は14:30~予定です。
【場所】イオンタウン姫路 1F みんなの広場
12:00~12:30 キャメレオンまどか
12:50~13:20 おーやなち。
13:40~14:10 てふてふ
14:30~15:00 Cheri*
15:20~15:50 中村利紗
(イオンタウン姫路)
http://www.aeontown.co.jp/himeji/
姫路市延末435-3
(JR姫路駅から徒歩約10分)

22883692_2181350568672641_756829711_o

『唄の棲むところ』ありがとうございました!!

レコ発ワンマン『唄の棲むところ』@Voice、無事に終えました。
超満員の大盛況、本当にありがとうございました!!!

いつも来てくださっている方はもちろん、初めましての方もいたり、
改めてこんなにじっくりたっぷり見るのは初めてという方や、0歳ちゃんもいて、
こんなに集まってくださって、やっと『kisuiiki』をお手元に届けることができて、素敵な記念日になりました。

昼のライブが不慣れだったことや、CDのお渡しなどで受付の手順に時間がかかったため、
オープンやスタートが遅れてしまったし、
超満員で皆さんには何かとご不便をおかけしただろうし、
ちゃんとご挨拶できなかった方もいたし、
何よりも自分の声が序盤からすでに嗄れてきてしまい、お聴き苦しいところがあったり、
(うーん、数日前~当日の、事前リハを頑張りすぎました。。。)
至らない点が多々あったかもしれません。
皆さんをお迎えする立場として、ちゃんとおもてなしができたのかどうか、全然周りが見えていなかったなあと、
これを書いている今になって、若干申し訳ない気持ちになっております。

むしろ来場してくださった皆さんが、それぞれに、少しずつ配慮してくださったこと、
もしかしたら「人として」当たり前のことかもしれないけど、他のミュージシャンに自慢したいくらい嬉しかったです。
「こっちはお金払ってるんだから」と思われても仕方ないし、それは私も理解しています。
狭くなってしまった会場内で譲り合ったり、お手伝いが必要な方を助けてくださったこと、
撮影に関してマナーを守っていただいたこと、
0歳ちゃんがハッスルしてヒャッハァ(°∀°)してくれたことに関しても、
本当に、本当に、ご理解とご協力、心からお礼申し上げます!!!

ステージからは、ちゃらちゃらへらへら笑って、
「お互いいい歳した大人なんだから、そのへんはちゃんとしてね!」なんて、
ゾンザイで失礼な言い方をしてしまいますが、
皆さんがちゃんとしてくださっていること、実際は、ものすごく信頼しています。
音楽の現場は、こんなふうに成り立って、健全に、豊かに、育ってほしい。
『kisuiiki』に込めた想いの一つです。

本当に楽しい一日でした!!!!!
何度でも書く!!!誠にありがとうございました!!!
MCでも言いましたが、あれこそが本音です。
Cheri*の音楽人生は非常に恵まれていて幸せです。
あたしという人間を面白がってもらえること、応援してくださっていること、非常に有難い。
だからこそ、もっと楽曲が評価されるように、これからも精進します!!!

FGWpbTCt

Q7fVv_9w

23201869_942153322592622_748280224_n

23226973_942152402592714_1136641821_n

セットリストは、
<一部>
01.ありがとう
02.太陽
03.Rainbow
04.闇の生まれる場所
05.Resign
06.リバース
07.Skies are blue…(シミズリエ曲カバー)
08.サイレントブルー
09.砂時計
10.氷雨
11.ためいき
<二部>
12.風に想いを
13.夢の欠片
14.Dear
15.縁
16.LONGING
17.Puberty
18.雨曝しなら濡れるがいいさ(eastern youth曲カバー)
19.羊ごっこ
20.kisuiiki
en.ルナ
でした。

すべて『唄の棲むところ』を意図した選曲でした。
もっともっと入れたい曲は他にもたくさんあった!!
選曲した理由を、21曲全部言えたわけじゃなかったし、
思い描いていた通りにはいかず、あまり饒舌に語れなかったし、
考えていたのとは別の方向に話がそれたりしちゃった場面もあるのですが、
それでも今回、ちゃんとコンセプチュアルなライブができて本当に良かった。
ワンマンライブとして同じことやってても面白くないし、
12月の企画と差別化が図れて良かった。

『kisuiiki』が一つの形になった。
これからも長く唄い続けていくぞ、という決意表明のようなもの。
この曲に共鳴してくださった方が、心にそれぞれの汽水域を作ってくださると信じて。
kisuiiki、kisuiikiを、どうぞよろしくお願いします!!!(応援演説で読む)

個人的に『雨曝しなら濡れるがいいさ』のカバーができたことは、今回の収穫でした。
自分ではこんな曲が書けないけど、歌詞の世界が好きすぎて、
19歳でこの曲に出会ったときからずっと、あたしの背中を支えてくれる曲の一つだったのです。
あのときずっと抱えていた、意味不明の孤独感や、社会からの疎外感は、一体なんだったんだろうなあ。
でも、今だからこそ、もっと味わい深く、この歌詞を噛みしめている。
これを機に、今後も唄い続けようと思います。
「eastern youthを弾き語りカバーしちゃうオットコマエなギタジョ(ギター女子)」と言われるのを目標に(笑)

ちなみに原曲のMV兼ライブ演奏はこちらです。
オルタナティブとかエモーショナルなパンクロックなので、好き嫌いはご自由に。

いつもゲーム会やらせてもらったり、プライベートで飲みに行ったりお世話になっているお店、
こたんのマスターや、そこで友達になった方も、ライブに来てくださったので、
ライブ後、こたんに流れて打ち上げしたのですが、遠征組の方なども交えて、楽しい打ち上げでした。
あれはあくまでワンマンだったから「ご機嫌さん」ゆえの特別サービスだからなッ!!にゃはははw
なんだかいろいろありがとうございました。ごちそうさまでした!
エラソーなこといっぱい言ってたと思うけど、寝て起きたらもう覚えてないのれす、すみません。。。
動物の帰巣本能だけで帰りました。
帰り道でけんじゅんさんに会ったのは覚えてる。
けんじゅんさん、また一緒にライブしたいにゃー。

年内の大きなイベントが一つ終わり、無事に『kisuiiki』を届けることができて、肩の荷が一つ減りました。
頭の中はこればっかりになっていて、他のことがなんにも手につかず、
次は12月24日に向けて、冬ソングCDの制作を頑張りたいと思います!!

皆さん、本当に、どうもありがとうございました!!

最後に、酔っ払いの写真です。
これはオオアリクイのぬいぐるみらしいのですが、
「ん!?これはオオアリクイなのか!?ミナミコアリクイじゃないのか!?」って言ってる図です。
模様がくっきりしてるあたり、めっちゃミナミコアリクイやと思ったけど、
今こうしてもう一度写真を見ると、尻尾の感じがオオアリクイですね、たしかに。

IMG_0624

とりあえずオオアリクイもミナミコアリクイも、実は好き。
アリクイは見てて楽しい。

IMG_0822

初TOBIRA

初めて唄うお店、Cafe&Bar TOBIRAさんへ行ってきました。
先日初めて唄った「歌う魚」の、少し先、同じ通り添いにありました。

店内はたくさんポスターが貼ってありました。
以前、一度club MERCURYで共演した櫻知彦さんのポスターが、至る所にめっちゃ貼ってありました。
ビジュアルがまさにロックシンガーって感じのひとだなあ。

共演は杉野淳子さんが京都のSILVER WINGS以来、二度目、
栫ミュウさんも三田のBELL以来、二度目でした。
澪さんから改名していたshemeさんと、神戸から大阪に引っ越したという雛さんは、初めましてでした。
それぞれ個性のある楽しいライブでした。

個人的に、淳子さんの『腕』(表記合ってるかな?)という曲が好きだなあ。
11月にレコ発ワンマンで発売されるCDに収録されているそうです。
じゃあ次回会った時はぜひCDゲットしよう。

DNJoxAiV4AAf7Y-

先週の台風21号では淳子さんも帰宅難民になってしまったらしく、
神戸から帰るのが大変だったらしい。
それならCheri*に連絡くれたら良かったのにー!って言ったあと、
あたしは高知にいたことを忘れていました。わはは。

淳子さんには自身のステージで、Cheri*の人柄も音楽も好きだと言ってもらえて、
なんだかごほうび展開でしたが、とても嬉しかった。
人柄が音楽に表れているとか、人生を重ねた深みが曲に滲み出ているとか、
年齢を重ねるごとに、そういう褒め言葉が嬉しくなってきた。
15年前に考えていた理想像の自分に、近づいてこれたんだなあと思う。

さて、自分のステージのセットリストは、
01.ルナ
02.羊ごっこ
03.夏の陽炎
04.kisuiiki
05.ためいき
でした。

ひっさしぶりにナツカゲやったー。
久しぶりにやると、あれ、楽しい曲だな(笑)

来週はいよいよ11/3、Voiceのワンマンです。

CDを増産して、お待ちしています!

あらしのよるに

緊急速報メールで起きた朝。
物々しい音で知らされる、避難準備。
リベルテの大野さんの英断により、ライブは皆様の安全を考慮して中止とさせていただきました。
残念でしたが、仕方ない。
選挙もこの天候じゃ投票率悪いんじゃないかなあ、と心配になる。

私たちはリベルテで待機していて、
中止の連絡が届けられなかった方や、
ご近所などで集まることが可能な方々がいらっしゃったら、投げ銭ライブという形で唄わせていただくことに。

リベルテはこんなところ。
すでになんだか帰ってきた感があるリベルテ。
ここでアー写撮りたいぐらい、アンティークで素敵。
昔はクラシック喫茶だったお店だけあって、たくさんのクラシックCDやレコードがあります。

明日はここで演奏するー。

Photo

ろみこちゃんこと、古川ひろみちゃんが到着して、
台風でお客様が来れないなら、Facebookのライブ配信で中継しようかっていう話が出ました。
ただ、FacebookだとおそらくFBユーザーしか見れないことや、
実際リベルテに来場してくださった方々がいたので、ライブ配信は断念しました。
その代わり、こんな遊び動画を撮影しました(笑)

「思ってたのとちょっと違うライブ配信」from 高知リベルテ

ひろみちゃんの音楽は、何気ない日常だったり、
その中で感じる感謝や、譲れない想いなどを綴るシンガーさん。
またきっと来年にでも、台風中止のリベンジしようねー!

投げ銭ライブに変更とはいえ、がっつり普通のライブをしてきました。
嵐の中、聴きに来てくださった皆さま、本当にありがとうございました!
前日に出会った、あんさんぶる♪たんぽぽのメンバーさんも来てくださって、本当に嬉しかった。

セットリストは、
01.下弦の月
02.砂時計
03.サイレントブルー
04.太陽
05.Rainbow
06.ルナ
07.羊ごっこ
08.kisuiiki
en.ためいき
でした。

たっぷり唄えて楽しかった。
お客様は少人数ながらも、CDはびっくりするぐらい羽ばたいていったので、
まだまだ出会えるひとはたくさんいるんだなあと、心底嬉しかったです。
一生の時間を使い切っても、きっと足りないから、
出会いに行く、届けに行く、その気持ちを持ち続けることを止めない。
あたしが発信し続けていかなくては、「Cheri*」の何も動かないのだから。

何年も前に作ったCDが、こうやって今でも買っていただけるというのは、
もちろん新しい出会いのおかげだけど、
「ちゃんと作品を残せているんだな」という実感と、確認でもある。

だからこそこれからも、過去の作品にすがらず、でもそれを否定せずに、
ちゃんと成長を見てもらえるようなライブをしようと思う。

同じ唄でも、もっと深みを持って唄える人間になろうと思う。

リベルテ、ありがとうございました!!

歌う魚で、泳ぐ

初めて『歌う魚』で唄ってきましたーーーーー!!!
いやあ、想像通り、いや、想像以上に、素敵なお店でした!!
さっすが森本くん!!
これからたくさんのミュージシャンやお客様に、
長く愛されるお店になっていただきたいと、願ってやみません。
森本くん、スタッフさま、これからもどうぞよろしくお願い致します!!

Photo

セットリストは、
01.ルナ
02.太陽
03.羊ごっこ
04.夢の欠片
05.kisuiiki
en.ためいき
でした。

共演者に恵まれて、本当に楽しい夜でした。
みんなそれぞれに頑張っていて、勇気をもらえる。
ここぞとばかり、共演の方のネタを引き継がせていただきました。
ブッキングライブのトリは、ネタをたくさん貰えて、ある意味、いいね♪(笑)
その代わり、トリとして「ちゃんととらないといけない」プレッシャーはあるのですが、
良いライブを見せられると、余計に、プレッシャーも大きく、やりがいも大きくなります。
ちゃんと落としどころを見つけられた夜は最高。
音楽やってて良かったなと、心底思える瞬間であり、これだから音楽はやめられないなって思う瞬間でもあります。

羊ごっこのコール&レスポンスは、完全に遊んでました。
子供ですみません(笑)
ライブは心から笑えるし、ステージは完全に自由平等で楽しい。
音楽やライブパフォーマンスの好き嫌いがあるのは当然で、
こんなあたしは嫌われることもあるだろうけど、あたしは聴いてくださるひと、好きよ。
『歌う魚、開店記念の応援演説』にお付き合いくださった皆さま、
本当にありがとうございましたーーーーーー!!!!!

きっと「音楽を愛してるひと」が好きなんだなあ。
音楽の好き嫌いはあるにせよ、大きなくくりで仲間みたいな。
音楽によって命や心を救われているひとが、自分以外にもいることが嬉しいし、
あたしも同じなんですよ!ってめっちゃ握手したい気持ち。

「歌う魚」で『kisuiiki』どうしても唄いたかった。
この1年で、この曲が成長してきたことが垣間見えた5分間だった。
この曲はまだまだ、深みを増していくと信じています。
唄うたびに、いろんな想いを重ねられるような、いろんな景色が見えるような、
10年後や20年後に唄っても褪せないものを残したい。

歌う魚という、水槽の中で、
呼吸する、
たゆたう、
泳ぐ、
奏でる、
紡ぐ、
出会う。

ヨコハマ歌娘

久しぶりの横浜O-SITE、ライブ企画してくれたシミズリエちゃん、共演の皆さん、
そして聴いてくださった皆さま、ありがとうございましたーーーーー!!

ギターで唄いたい曲と、ピアノでやりたい曲と、、、と欲張りになると、いつも2~3曲しか弾けないけれど、
やっとO-SITEのグランドピアノ、いっぱい弾くことができました。
グランドピアノだけでライブ、めちゃくちゃ気持ち良く弾いて唄ってきました。
最後のほうとか、なんかもう笑えてきちゃうぐらい、嬉しくて。
ああやっと仲良くしてくれた、って思った。
ちゃんと応えてくれたんだなってわかった。

セットリストは、
01.下弦の月
02.夢の欠片
03.Skies are blue(シミズリエ曲カバー)
04.サイレントブルー
05.kisuiiki
06.ためいき
でした。

シミズリエちゃんのカバーは「Skies are blue」でした。
出演者みんな、それぞれカバーしてたんだけど、
蓋を開けてみたら、みんな、
リエちゃんを呼び込んでピアノ弾いてもらって、カバーで唄わせてもらうというスタイルで、
結果的にあたしだけ、リエちゃんを呼び込まずに一人で弾き語りしてた。
なんかあたしだけ薄情なヤツみたいに見えてたら悲しいな。
ま、そんなことはおかまいなしに、あたしは楽しかったのですが。
またそのうち自分のライブでもカバーして唄います。
シミズリエちゃん、11/5のO-SITEレコ発ワンマン、がんばれ!!

共演者の皆さんと、O-SITE店長のナガタエリコちゃんと。
毎度エリちゃん宅にお世話になっているから、本当にありがたい。
エリちゃんの誕生日が翌日だったので、みんなでサプライズしました!
エリちゃんおめでとう!!いつもほんとうにありがとう!!

image

DL3kGOWUQAAsDh1

11/3の神戸のワンマンライブでレコ発する「kisuiiki」が、
「とても良かった、響いた」と言ってくださる方もいて、
めちゃくちゃ嬉しかったです。

あたしが良いなあとか好きだなあと思っているものに対して、
誰かが頷いてくれるなんて、
なんて幸せなことだろう。
あたしはつくづく恵まれている。

シンプルにこういうことが嬉しいんです。
そんなことを大事にしたいんです。

だから、できるだけ良質のものを提供したいと思う。
そのためには、何倍も心に溜めてから、ちゃんと蒸留させたものを、唄にしたい。
良い曲が作りたい。
自分だけの唄じゃないものを作りたい。
あたしにしか唄えないものは、欲しいようで、欲しくない。
そして、
出会えるかもしれないものに、素直に向き合ってみたい。
だから他の人の音楽も、できるだけ聴く。
自分がいかに音楽と向き合うかばかり考えているから、逆に、
みんながどんなふうに音楽に向き合っているのか、知りたい。
知りたい。
人を知りたい。
音楽を知りたい。
他を知ることで、自分を知りたい。

シンプルにこういうことを大事にしたい。

誰のための音楽か、いつまでも、考え続けたい。

Hello to Goodbye

共演者に恵まれ、とても楽しいライブになりました!
ありがとうございました!!
たくさんの方に聴いていただけて、とても嬉しかったです。
遠方からも、ありがとうございました!
こたんでゲーム遊んだことのある友達も来てくれてたのが面白かったw
えーとCheri*は本職こちらです、みたいな。

ワンマンのチケットも、CDも、おかげさまで羽ばたいていきました。
みんな、そのひとの、血となり、肉になるのだよー。

ショックだったのは、11月と12月のワンマン用に作ったフライヤーの時間が片方まちがえてたこと。
あちゃー、ほんまやーwww
せっかくなのでやり直すかにゃ。

IMGP7455

セットリストは、
01.下弦の月
02.羊ごっこ
03.Hello to Goodbye
04.ルナ
05.kisuiiki
en.ためいき
でした。

IMGP7374

久しぶりにHello to Goodbyeをやった。
去年の渋谷の喫茶SMiLEワンマン以来じゃないかな。
そうだった、この前、誕生日だったんだよなあ。
過ぎたもんだとすっかり忘れていたけれど、
お祝いしてくださって、本当にありがとうございます。
あたしは人から貰ってばっかりだなあ。
返してるものが、果たしてほんとに返せてるのかすら、ほんと怪しいなあ。

いつも申し訳ない気持ちが拭えない。
どうしても罪悪感が拭えない。

あたしが唄いたいと言ったら、喜んでくれるひとがいるのに。
もうそれは、ちゃんと、わかっているのに。

なんでこうなったんだろうなあ。
いつも、いつも、考える。

だから、この自分で生きて行くためにどうすればいいかを模索するしか、
生き残る道が無い。

いま「いただいている」ものが、ぜんぶ、
今までにものすごく傷ついて泣いたぶん、なのだとしたら。

「それで良かったね」と笑ってくれるひとの存在が、どんなに有難いか。

でも、

それでも、

あたしは「それで良かったな」と笑えるはずがないのだ。

あたしに言わせれば、無いに越したことは無いのだ。

英語で書いた「Hello to Goodbye」の歌詞の一部を借りるとすれば、

あたしにとっては、
人に与えて、自分が失うことも、
人から奪って、自分が得ることも、
人に与えて、自分が笑うことも、
人から奪って、自分が泣くことも、
もう、いっしょくたに、同じだ。

昨日にハローと言えば、残してきたものにちゃんとさよならを言えることでもあるし、
明日にバイバイすれば、今ここにいることをちゃんと迎えることができる。

大事なのは、今ここにいること。

笑顔であれ、泣き顔であれ、

あたしは今ここにしかいない、ということ。